teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


責任転嫁と夏の夜

 投稿者:花火メール  投稿日:2008年 6月30日(月)00時30分6秒
  会えない寂しさを
いろんなものに擦(なす)り付けて
それでも平気で居られるのは、きっと
今まで背負ってきたものを
許された気でいるから

かみさま、ごめんなさい
わたしはもう少し罪を増やしてしまうかもしれません

きみよ、ごめんなさい
期待にはもう応えられないよ

まだ冷たい夏の夜の風に
ため息をついている

http://www.geocities.jp/hanabi_cabbage/

 
 

焦がれて

 投稿者:花火メール  投稿日:2008年 4月 2日(水)22時33分29秒
  いくつもの糸が絡まるように
もつれた指の先
前を行く兎達は 捕まえられることは無い
はしゃいだ季節の終わりには
ただただ切なさが
大事なものさえ 確かじゃない

焦がれていた ここに居ることを
待ち続けていた 歪んでしまった感情で
あなたの声が あなたの髪が
ぬくもりも やさしさも
いずれ消える幻だとしても

http://www.geocities.jp/hanabi_cabbage/

 

 投稿者:花火メール  投稿日:2008年 3月27日(木)05時23分46秒
  ねがうように しっかりと
手を離した封筒
しばらくそのまま
ポストを見つめる ひと
彼女は一体何を その手紙に書いたのだろう
スローモーションで 通り過ぎた
午後のバス

届くよね その気持ちのカケラは
いつだって願って 祈って 守ってきたから
握り締めた手をぎゅっと
かたく愛しく離さないで居たいんだ
届くよね その気持ちのカケラは
流れる 水の 如く 注ぎこんで
まだ冷たさの残る風に また春がくる

いのるように 目を閉じて
閉じた携帯電話
しばらくそのまま
空を見つめる ひと
彼は一体誰を 待ち続けているのだろう
スローモーションで 通り過ぎた
風のなか

届くよね その気持ちのカケラは
いつだって願って 祈って 守ってきたから
握り締めた手をぎゅっと
かたく愛しく離さないで居たいんだ
届くよね その気持ちのカケラは
流れる 水の 如く 注ぎこんで
まだ冷たさの残る風に また春がくる

ひとり 早歩きの帰り道
君のはにかむ笑顔が浮かぶよ
ねぇ神様、「また、会えますか?」

届くよね その気持ちのカケラは
ふれられた奇跡に 何度だって 涙はあげる
届くよね その気持ちのカケラは
流れる 水の 如く 注ぎこんで
まだ冷たさの残る風に また春がくる
また春がくる

http://www.geocities.jp/hanabi_cabbage/

 

プロローグ

 投稿者:花火メール  投稿日:2008年 3月12日(水)01時25分10秒
  かざすよこの手のひら
握り締めていたいだけ
泣き虫の子供のように
あなたの胸でいじけて居たいよ
おねがい 時計はもう進まなくたっていいから
あたし達を離さないでください
願い事なんて叶わなくたっていい
そんな近い現実ははじめから望んでいないもの

http://www.geocities.jp/hanabi_cabbage/

 

>花火のファンさん

 投稿者:花火メール  投稿日:2008年 2月28日(木)00時51分44秒
  IP分析しましたが、、、会社からの書き込みですか。
ご苦労様です(苦笑)

http://www.geocities.jp/hanabi_cabbage/

 

そか・・・

 投稿者:花火のファン  投稿日:2008年 2月21日(木)11時28分44秒
  あなたに嫌われたくない あなたの邪魔になりたくない あなたの不要になりたくない あなたのウザイになりたくない そんな風に思うよりも わたしは嫌わない わたしだけの傍にいて わたしには必要なの あなたの「イテホシイ」が・・・ 『の対義語もいいと思ったです♪』 僕はただの花火ファンです。  

『なりたくない』より『なりたい』自分

 投稿者:花火メール  投稿日:2007年 6月29日(金)08時18分45秒
  あなたに嫌われたくない。

あなたの邪魔になりたくない。

あなたの不要になりたくない。

あなたの「ウザイ」になりたくない。


そんな風に思うよりも


あなたに好かれたい。

あなたの力になりたい。

あなたの必要になりたい。

あなたの「イテホシイ」になりたい。
 

たいせつなもの

 投稿者:花火メール  投稿日:2007年 6月29日(金)08時17分24秒
  人の感情はどうしてこんなにも

あちこちの方向へ向いているんだろう。

私があなたの明日にできることがあるかなぁ。

振り返って目を覚まして欲しい。

そんなことをふと考えてしまう。

考えてはしまって、考えてはしまって

心の奥底に閉じ込めてしまおうと思う。

「ドウセ ナニモ カワラナイ カラ」


あなたはどんな人ですか?

空に投げかける疑問。

鏡に投げかける疑問。
 

Private⇔Business

 投稿者:花火メール  投稿日:2007年 6月29日(金)08時16分24秒
  素直になれてるときってどんなときかな

眠っているときかな

食事をしているときかな

あたしといるときはどっちなのかな

ココロは少し寂しいけど

素直でいるときの君が好きだよ

偽りはみたくないよ

疑っていたくないよ

守り固めた壁を壊して

心の中でそっと聞いてみた夜
 

羽化

 投稿者:花火メール  投稿日:2007年 6月29日(金)08時15分21秒
  殻を引き裂いたら

空を見よう

たとえ夜でも

濡れた羽根は乾くよ

淡く月の出た

星の見えにくい夜に

キミの小さな気持ちが

羽化していくよ

やがて来るたいようは明るいから

キミにヒカリを運んでくれるよ
 

レンタル掲示板
/10