teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


桑名貞子私的童謡ベストテン ①

 投稿者:harikyu★桑原  投稿日:2010年 5月20日(木)11時05分56秒 p2206-ipbf1509souka.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  ついに桑名貞子私的童謡ベストテン第①位の発表を。
桑名貞子ファンの方々は、それぞれに心のベスト曲があるし思うし、そんな気持ちを考えると、第①位の発表は、ずっとしないでいようかと思っていたのですが、思い切って発表してしまいます。

・・・と、いうことで、第①位は「かたたたき」。

♪か~あさん、お肩を♪たたきましょ~♪のワンフレーズに、母親に向けた限りない「いたわり」と、限りない「甘え」が同時に歌い込められている類い希な名唱です。
全編にわたり、陽光が降り注ぐような「暖かさ」に満ち満ちている。

桑名貞子中期の名唱中の名唱で、こんな歌が歌える童謡歌手はもはや現れることはないでしょう。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 
 

ベストテンおさらい

 投稿者:harikyu★桑原  投稿日:2009年 2月 8日(日)22時10分39秒 p2157-ipbf1609souka.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  既に1位発表が1年半も滞っていますが、ファンの方の心理も考えて発表をためらっておりました。
でも桑名貞子さんご自身からのご希望もあり、発表する決意をしました。(笑)
まぁ、あくまで「私的ベストテン」ですので気楽に考えましょう。
その前に10位~2位のおさらいを・・・。

⑩位 どこかで春が
⑨位 こじかのバンビ
⑧位 ななつのこ
⑦位 うたのまち
⑥位 うれしいひなまつり
⑤位 かもめの水兵さん 旧録音
④位 あかい帽子しろい帽子 新録音
④位 なかよし小道
④位 グッドバイ 旧録音
③位 船頭さん 新録音
③位 さとのあき
②位 まりと殿様

さあて、1位は?もうちょっとたったら発表の予定です。

ところでこれも隠れた名唱「りんごのひとりごと」。
童謡歌手時代、コロムビアに遺した最終期の録音です。(昭和45~6年頃?)
少女時代には録音しておらずこれ一種だけのようです。
(ジャケットは残念ながら紛失、この挿し絵は河村順子歌唱のもの。)

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン 番外編(その①)

 投稿者:harikyu★桑原  投稿日:2008年 1月31日(木)09時12分56秒 q103-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  1位発表のその前に・・・惜しくもベストテンには入らなかったけれども、捨てがたい曲を2~3曲ご紹介しておきます。

1曲目は「ゆかいなまちのふうせんや」。
私はこの曲を幼稚園や学校で習った覚えは全然ありません。
でもなぜかほのぼのとした暖かみを覚える曲です。
現代的な曲なので昭和30年代の童謡かと思ったら、実は戦前の童謡なのだそうで驚きました。
結城ふじをの古い詩に、冨田勲が曲を付けたようです

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ②(その②)

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 8日(日)22時35分20秒 q63-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  桑名貞子私的童謡ベストテン第②位の(その②)は・・・
子鳩会とコロムビア男声合唱団を従えて、ノリにノッた名唱をくりひろげている曲・・・とくればおわかりでしょう。「まりと殿様」です。

草川啓の編曲も、童謡という枠を超えて一種のオラトリオのような壮大な規模の曲を作り上げています。
西条八十作詞、中山晋平作曲。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ②(その1)

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 8日(日)01時03分51秒 q59-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子私的童謡ベストテン第②位も同率で2曲を。
1曲目は戦後の海沼童謡の傑作「さとのあき」にしました。

この曲は戦後のコロムビア童謡の最高傑作のひとつで、門外不出の曲。
その当時の最高の歌手しかレコーディングさせませんから、桑名貞子がこの曲に起用されたということは、いかに桑名貞子が当時コロムビアの童謡歌手としての期待を担っていたかを証明するものです。

ややキーの高さに苦労しながらも、桑名貞子は一生懸命にこの曲を歌い上げています。
斉藤信夫作詞、海沼実作編曲。
第Ⅰ期中期頃の録音。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ③

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 2日(月)22時49分32秒 q100-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  桑名貞子私的童謡ベストテン第③位には「船頭さん」を入れました。

これも昭和30年代後半と昭和40年代後半の2種類の録音があります。
武内俊子作詩、河村光陽作曲。

旧録音の方は越部信義の編曲で櫓の軋む擬音も入っています。
桑名貞子にとってもごく初期の録音のようで、やや幼さの残る声で一生懸命に歌っている姿はいじらしい。

新録音版は20代になった桑名貞子が、童謡というよりは声楽曲のように美しく切々と歌っており、これも是非聴いてもらいたい一曲です。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子の同窓生たち ③

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 2日(月)21時36分10秒 q95-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  「桑名貞子の同窓生たち」としてステレオ初期のコロムビア童謡を語るならば、「井上裕子」を抜きにしては語れない。

桑名貞子同様、おびただしい数のレパートリーと録音を誇っている。
あらゆる意味で桑名貞子とは好対照のキャラクターを持った歌手だ。
声を聴く限りでは10代の少女の歌声に聞こえるが、これはどうもアニメ声優などが用いる「裏声発声法」のようで、唯一地声で歌っている「ゆきのおじぞうさん」などを聴くと30代くらいの声に聞こえる。
不思議な歌手である。

なお、ここにあげた3人の歌手たちはネットで検索しても個人情報が得られない。
コロムビアファミリークラブの童謡歌手の欄にその名をとどめるのみであ。

井上裕子の代表曲はいくつもあるが、この「かあさんたずねて」を第一に推しておきたい。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子の同窓生たち ②

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 1日(日)21時30分0秒 q51-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  桑名貞子の同窓生たち② は「高橋久美子」を。

小沼紀恵同様、録音は多くないが、音符の1符1符、歌詞の1語1語を大切にする歌い方をし、かつ暖かみもある曲作りをする歌手です。

代表曲は「たきび」「てるてるぼうず」など。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子の同窓生たち ①

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 7月 1日(日)21時01分51秒 q50-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  ベスト3発表の前に、桑名貞子と同時期、コロムビアの童謡シリーズで活躍した歌手たちを紹介しておきます。

1人目は「小沼紀恵」。

録音は少ないのですが、独特の憂いと潤いを持ったその歌唱は心に迫ります。
代表曲は「あのこはたあれ」「からすのあかちゃん」など。
実は私が桑名貞子に次いで2番目に好きな童謡歌手でもあります。(笑)

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

これからも楽しみだな~

 投稿者:Tatsuno  投稿日:2007年 7月 1日(日)09時29分40秒 210-20-211-30.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑原さん。
本当にすばらしい企画ありがとうございます。わたしの思っているものと一致して意義ありません。⑦位~④位の童謡は当然ベストテンに入るに決まっていると推測したので、あえて他の「七つの子」や「うみ」をリクエストしたのでした。「七つの子」をベストテンに入れてくださってうれしいです。桑名さんは「河村光陽」の「子鳩会」から童謡に入っただけあって特に河村光陽の曲がよいですね。「うれしいひなまつり」を聴いてみますと、河村順子さんの歌い方に非常に近いです。まあ幼少時の師弟関係ですから当然かもしれませんが。版権がコロンビアにあるので難しいですが全てまとめて「桑名貞子愛称童謡集」みたいなCDができないかなあ。
  それから竹内俊子→武内俊子だと思います。
 

桑名貞子私的童謡ベストテン ④

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)21時40分24秒 q50-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  河村光陽作曲シリーズの同率第④位、4曲目とくればもうお解りかと思いますが「グッドバイ」を入れました。

佐藤義美作曲、編曲は旧録音版が浜口庫之助、新録音版が岩河三郎ですが、これは断然浜口庫之助編曲の旧録音版を採りたいですね。

浜口庫之助は電子オルガンやドラムスなど、当時最先端の楽器を採り入れていますが、ここではかえって昭和30年代のセピア色のひなびた懐かしさが感じられる名編曲になっていて、桑名貞子の幼く清純な歌唱を見事にバックアップしています。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ④

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)20時53分49秒 q05-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  ベストテン同率第④位の2曲目もおなじみの「なかよし小道」です。
新旧2種類の録音があるのも前の2曲と同じです。
三苫やすし作詞、河村光陽作曲。

編曲は旧録音版が海沼実、新録音版が小森明宏ですが、海沼実の編曲の方が素朴で、何となく「戦後」の昭和30年代前半を思わせる感じです。

「幼く可愛い」桑名貞子を取るか、「若々しく清純な」桑名貞子を取るかは好みの問題でしょう。(笑)

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ④

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)20時30分31秒 q47-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子私的童謡ベストテンの第④位には河村光陽作曲シリーズの童謡が「同率」で3曲入ります。
その1曲目は「赤い帽子白い帽子」。
武内俊子作詞。

この曲も「かもめの水兵さん」同様新旧2種類の録音があり、録音年月も同様だと思われます。
旧録音版は、桑名貞子の歌はとても可愛らしいが、岩河三郎の編曲がちょっと賑やかすぎる感じで、冨田勲編曲の新録音版の方が、成人しながらも初々しさの残る桑名貞子の歌唱が楽しめます。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑤

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)20時11分39秒 q47-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子私的童謡ベストテンの第⑤位には、河村光陽シリーズの一曲「かもめの水兵さん」を。

武内俊子作詞、河村光陽作曲のこの歌は、桑名貞子にとって新旧2種類の録音があり、旧録音の方は草川啓編曲の昭和37~8年頃の録音で、桑名貞子の声もかなり幼さが残っていて可愛らしい歌唱である。
桑名貞子のステレオ録音された最初の頃のものではないかと思うが、残念ながら3番までしか収録されていない。
編曲はひなびた港町を思わせてのどかな感じだ。

新録音の方は冨田勲の編曲で軍艦マーチ風の勇ましいもの。
昭和47~8年頃の録音で、桑名貞子もすっかり大人の声になっている。

私は旧録音の可愛らしい歌声の方を第⑤位に挙げたい。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑥

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)18時39分56秒 q03-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  私的童謡ベストテン第⑥位は「うれしいひなまつり」です。

サトウハチロー作詞、河村光陽作曲、海沼実編曲。
桑名貞子第Ⅰ期中期の純情可憐な歌声が聴けます。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

「新版」よいこのゴールデン童謡集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月30日(土)17時24分52秒 q122-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  私的童謡ベストテン⑥位の前に「新版よいこのゴールデン童謡集」というアルバムを紹介しておきます。

このシリーズは、昭和58年頃から(P77・11とある)、それまでのデラックスえほんレコードに変わり、昭和48~9年に収録された「新録音版」もリミックスされて、発売されたのがこのシリーズです。
LP1枚に全26曲収録され、かなりお徳用なアルバムになっています。全3巻。

ここで昭和48~9年に収録された「新録音版」について触れておきますと、それまでにステレオ録音されていたコロンビア童謡の中の20~30曲を編曲や歌手を変えて収録したもので、

① 編曲がより現代的になり、ウッドベースに代わってエレキベースが使われたり、旧録音によく使われていた木琴やコルネットはほとんど使われなくなっています。
テンポも全体的にアップテンポになっている。
当時の宣伝コピーにも「現代のお子さまにマッチした新編曲云々・・・とありました。

② 児童歌手はほとんど起用されなくなり、成人女性歌手ばかりの起用になっています。
既に全盛時を過ぎた川田正子なども起用されており、やや純情素朴さを欠くセッションになっているのが欠点。
井上裕子や小沼紀恵はこのシリーズには登場していません。
あまり評判も良くなかったようで、この「新録音版」ばかりを収録したLPもありましたが、すぐに廃盤になってしまったようです。

しかし、その中で唯一、桑名貞子の新録音だけは不滅の輝きを放っています。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑦

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月29日(金)23時15分32秒 q116-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子私的童謡ベストテン第⑦位は、ソロ曲ではありませんが「うたのまち」を。

桑名貞子は1番のみの歌唱になっていますが、少女期の桑名貞子はこうした陽旋律の童謡が非常に上手い。
コンビの小沼紀恵も一生懸命に歌っており、桑名貞子とはまた違った良さがあります。
非常に好感の持てる一曲です。

勝承夫作詩、小村三千三作曲、海沼実編曲。
海沼実の明るくリズミカルな編曲はこの曲に一層の楽しさを与えてくれています。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑧

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月29日(金)21時15分49秒 q75-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子私的童謡ベストテン第⑧位にはTatsunoさんリクエストの「ななつのこ」を入れました。

「よいこのゴールデン童謡集」全巻の第一巻、第一曲目を桑名貞子が受け持っているということは、当時桑名貞子がコロムビア童謡歌手中の最上のエースであったことを証明するものですね。

野口雨情作詞、本居長世作曲、冨田勲編曲。
第Ⅰ期終期頃の録音だと思われます。

なお、第⑨位の「こじかのバンビ」につきまして桑名貞子さんご本人から、「⑨位では不本意!??」 なるご意見を頂戴いたしましたので、近いうちにランキング替えを行う予定です。(笑)
ご本人の思い入れがとても強い曲だそうで、ランキング付けの難しさを痛感しました。(^^)

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

RE:ベストテン⑨

 投稿者:Tatsuno  投稿日:2007年 6月15日(金)09時42分46秒 61-25-138-220.rev.home.ne.jp
返信・引用
  桑原さん、こんにちは。久しぶりです。今回とても面白い企画に賛同いたします。桑名貞子ベストテンに入れてもらいたいものに「うみ」=♪海は広いな大きいな♪と、最初期の録音盤「ななつの子」があります。いずれも純真無垢な少女の桑名童謡で魅力あふれるものです。
さて、「こじかのバンビ」ですが、昭和27年に古賀さと子さんが最初であったようです。ディズニーのアニメ映画「バンビ」にちなんで作られた童謡、大ヒットで古賀さと子もこのレコードで童謡歌手としてスターの座に押し上げたようです。私も子供時代のその頃にラジオから流れる古賀さと子の「こじかのバンビ」はよく聴いたものです。「こじかのバンビ」は私は古賀さと子と桑名貞子の両方の復刻盤CDがあります。どちらもそれぞれに違いがありいいですね。
 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑨

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月12日(火)23時08分43秒 q107-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  第⑨位には「こじかのバンビ」を入れてみました。

「昭和37~8年頃だと思いますか、「子鹿物語」という洋画が日本でヒットしたことがあり、それにちなんで作曲された童謡ではないかと思います。」

・・・というのが私の推測でしたが、上段tatsunoさんの書き込み「さて、「こじかのバンビ」ですが、昭和27年に古賀さと子さんが最初であったようです。ディズニーのアニメ映画「バンビ」にちなんで作られた童謡、大ヒットで古賀さと子もこのレコードで童謡歌手としてスターの座に押し上げたようです。」が正しいようです。

坂口淳作曲、平岡照章作曲、海沼実編曲。

桑名貞子はこの曲を「明るく、一生懸命に」歌い上げています。

http://www3.ezbbs.net/07/kuwanasadako

 

桑名貞子私的童謡ベストテン ⑩

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月 5日(火)23時39分33秒 q88-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  独断と偏見に満ちてしまうかもしれませんが、「桑名貞子私的童謡ベストテン」を企画してみました。

第⑩位は「どこかではるが」。
桑名貞子はわずか1分あまりのこの曲を叙情的に切々と歌い上げています。
百田宗治作詞、草川信作曲、草川啓編曲。よいこのゴールデン童謡集」第3巻に収録。

第1期中期、昭和40年ごろの録音と思われます。
 

デラックスえほんレコード第1集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 6月 5日(火)22時11分13秒 q69-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  昭和45年頃から、それまでのステレオ初期のコロムビア童謡を集め、「よいこのゴールデン童謡集」として、数年間販売されていたLP全5卷のうちの第1巻でアルバムタイトルは「ななつのこ」。

桑名貞子はこの全集のトップバッターとして同名曲の歌唱を担っているなどの点、当時のコロムビア童謡最高のポープだったことが容易に想像できる。
他に桑名貞子の歌唱は「かもめのすいへいさん」「グッドバイ」「なかよしこみち」「うれしいひなまつり」「まりととのさま」など得意のレパートリーが収録されている。

その他の収録歌手、井上裕子、小沼紀恵、真理ヨシコ、羽崎共子、寺尾芳恵などの歌も素晴らしく、第2巻と同様に珠玉のようなアルバムだ。
 

デラックスえほんレコード第2集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 5月31日(木)22時07分28秒 q08-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  「よいこのゴールデン童謡集」第2卷でアルバムタイトルは「どんぐりころころ」。

桑名貞子はこの卷では「かたたたき」「こじかのバンビ」「あかいぼうししろいぼうし」を収録しているが、その他にも大変感銘深い録音が集中している。
第1巻と同様、童謡LPのディスク大賞を与えても良いような素晴らしいアルバムだ。

桑名貞子の「かたたたき」「こじかのバンビ」は類い希な名唱。
「あかいぼうししろいぼうし」は昭和30年代後半の旧録音だが、岩河三郎の編曲がちょっと騒々しい。
この曲に関しては冨田勲編曲の新録音の方が、桑名貞子を聴くには良いと思う。

このアルバムは桑名貞子以外にも井上裕子、久保木幸子、小沼紀恵などが素晴らしい名唱を残している。
小沼紀恵も独特の味を持った歌手なのだが、録音が少ないのは残念だ。
 

デラックスえほんレコード第3集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 5月31日(木)17時31分38秒 q12-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  「よいこのゴールデン童謡集」第3卷のアルバムタイトルは「おたんじょうびのうた」。
表題の歌は松島トモ子が歌っている。

桑名貞子の収録は「どこかではるが」1曲だけだが、わずか1分余りのこの曲がこのアルバムの白眉だろう。

このアルバムは桑名貞子とは好対照・好敵手のイメージがある井上裕子の録音が多い。

井上裕子は戦後童謡特有の「鼻」にかかった旧式の歌唱法をする歌手で、その意味では貴重な存在だ。
豊富なキャリアをもっていると思われるが詳細は不明。
 

デラックスえほんレコード第4集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 5月31日(木)16時56分18秒 q12-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  「よいこのゴールデン童謡集」第4卷で、アルバムタイトルは「ばらがさいた」。
マイク真木のヒット歌謡が、童謡のレコードのタイトルというのはちょっと変だが。(^^)

この中で桑名貞子は「きんたろう」「だいこくさま」「うらしまたろう」「せんどうさん」」の4曲を歌っている。
「せんどうさん」は新旧ある録音のうちの旧バージョンのもの。
昭和30年代後半の録音だろう。
やや幼児性の残る歌声で一生懸命歌っている姿が想像されて ほほえましい。

昭和40年代後半の第2期新録音のものは、これはもう童謡の域を抜け出て、立派な「叙情歌」として完成の域に達している。
成熟した「女性歌手」桑名貞子の見事な歌唱を一度聴いてもらいたい。
 

デラックスえほんレコード第5集

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2007年 5月28日(月)14時31分29秒 q07-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  それまでのステレオ初期のコロムビア童謡を集め、「よいこのゴールデン童謡集」として、昭和45年頃から数年間販売されていた。
全5卷。
この第5集では桑名貞子は「こいのぼり」「てをたたきましょう」「ゆかいなまちのふうせんや」「うたのまち」「さとのあき」を歌っている。

最後の一曲「げんきに一、二」は昔の「おかあさんといっしょ」の体操ソングだった。
我々の世代にはなつかしい一曲だろう。
 

赤鼻のトナカイ

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 6月12日(月)16時57分23秒 q125-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  江古田の古書店で見つけたので買ってきました。
クリスマスソングを集めたもので、桑名貞子の歌は「赤鼻のトナカイ」だけですが、ジャケットデザインからも良い時代が伝わってきます。
 

いけのこい

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 6月 2日(金)12時24分1秒 q69-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子はこうした陽旋律の童謡が非常に上手い。
ジャンルとしては「戦後童謡」のあたりが得意のレパートリーのようだ。
ディレクターもそのあたりは十分に心得ているようで、日本古謡や戦前の陰旋律童謡には桑名貞子とはまったく対照的なキャラクターの「井上裕子」を多く起用している。
桑名貞子が長い髪の少女なら、井上裕子はオカッパの女の子というイメージが浮かぶ。
勝手な推測かな。(笑)
 

かたたたき

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 3月30日(木)19時48分22秒 q38-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  桑名貞子のよさがとても良く現れた一曲だと思っています。
草川 啓の、ほのぼのとした編曲も叙情的で美しい。
挿絵の「北田卓史」の画は昔よく教科書や学習雑誌で見たような気がしますが、最近は見なくなりました。
 

デラックスえほんレコード

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 3月30日(木)19時38分0秒 q110-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用
  昭和45年ごろより、それまでのステレオ録音初期の童謡を集めてLP5枚シリーズで企画・販売されたのが「デラックスえほんレコード」のシリーズ。
当時の一流挿絵画家たちが一人2ページあたりで総動員され、眺めてもとても楽しいシリーズになっている。
桑名貞子の「赤い帽子白い帽子」の挿絵にはいわさきちひろが起用されている。
 

桑名貞子第2期レコードより

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 3月28日(火)15時55分46秒 q20-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  ★「ニューゴールデンコロちゃんシリーズ」の一枚、「なかよし小道」。
河村光陽作曲、桑名貞子得意のレパートリーが集められています。
編曲は「なかよし小道」が小森明宏、「かもめの水兵さん」と「赤い帽子白い帽子」が冨田勲、「グッドバイ」が岩河三郎、となっています。
 

桑名貞子第2期レコードより

 投稿者:harikyu☆桑原  投稿日:2006年 3月28日(火)15時52分20秒 q21-dna16kawagoeara.saitama.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  ★P73.3とあるので、73年3月の発売でしょう。
桑名貞子はどの曲も昭和30年代の後半に1回目の録音をおこなっていますが、歌手自身が成長したのと、編曲が違うので、同じ曲でもかなり違った印象を受けます。
より現代的な編曲になっていますが、「赤い帽子白い帽子」などは岩河三郎編曲の賑々しい旧録音より、冨田勲編曲のこちらの新録音の方が桑名貞子の美しい歌声にマッチしています。
 

レンタル掲示板
/1