投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


林文子は、嘘を重ねて、自分に献金するDeNAに便宜を与えてきました

 投稿者:横浜自由倶楽部M機関諏訪  投稿日:2017年 9月22日(金)09時08分0秒
  林市長は、多額な政治献金をベイスターズから受けるとともに、
市の貴重な市の財産をその親会社等に貸し付けて莫大な利益を与えています

バナーフラッグは、おっしゃる通りベイスターズの所有で、熱闘倶楽部の所有ではないのに
熱闘倶楽部林文子は、その「掲示」は「熱闘倶楽部の事業」と偽って、減免申請を出しました。

嘘を重ねて、自分に献金するDeNAに便宜を与えてきました。
フラッグの掲示で、不正に減免された道路占用料はわかっているだけで500万余円に上ります

その構造を暴き、弾劾しなければなりません。

わたし共は、市長の猛省を期待していますが、反発してきましたから、仕方なく、断首作戦
を実施することになっております
 

バナーフラッグ続き

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月21日(木)18時23分55秒
  ベイスターズが、道路占用の許可申請を行って設置していたものでしたら、ベイスターズが道路占用の許可申請を止めた時点(占用許可期間が終了した日)に占用物件を撤去しなければなりません。  

バナーフラッグだと話が変です

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月21日(木)11時46分43秒
  バナーフラッグですと話が変になります。

横浜市道路占用料条例第6条5項は
第6条 市長は、占用が次の各号の一に該当すると認めたときは、占用者の申請により占用料の一部または全部を免除することができる。
5 前各号のほか市長が特に必要であると認めるもの。
と定めています。
この規定を受けて
横浜市道路占用料減免取扱要領
制 定 平成19年4月1日
改 正 平成28年4月1日
というのが定められています。
第2条 道路占用料の減免の対象及び減額の額は、別表1(免除)及び別表2(減額)を基準として、減免の額については、そのつど市長が定める。
としています。
別表-1 で
道路占用料減免の対象物件
1 全額免除するもの
条例第6条第1項第5号に該当するもの
(19) バナーフラッグ掲出のため、道路照明灯及び商店街灯に設置するバナーフラッグ掲出用ポール
が挙げられています。

平成28年4月の改正の内容が判りませんので何とも言えませんが、横浜市はベイスターズが掲げているバナーフラッグの掲出用ポールは
横浜市道路占用料条例第6条5項には該当しないと判断していたことになります。
「道路照明灯及び商店街灯に設置する」という部分が外れていたのでしょうか。

また、道路占用物件(バナーフラッグ掲出用ポール)を所有しているものが道路の占用許可申請をする。当たり前の話です。

林文子が、ベイスターズから寄付でも受けたのでしょうか?
 

関内駅前から県庁にかけていっぱい掲示されております

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月21日(木)08時25分44秒
  ● 熱闘倶楽部の旗について   投稿者:暇人

ベイスターズの旗は、バナーフラグ です。
林市長とDeNAとの「合作」の産物です。
 

熱闘倶楽部の旗について

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月21日(木)00時36分2秒
  バナーフラグというのは壁から道路に向けて竿(西欧流にいえば槍)を突出し、それに旗をつるすものです。

幟旗というのは地面に土台となりものを置くか、街灯の支柱に竿を括り付けて旗を立てるものです。

熱闘倶楽部が道路占用の許可申請をしたのはどちらのタイプでしょうか?
それによって、理論構成が違ってきます。
 

加計学園問題に酷似

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月20日(水)13時57分17秒
  ● 林市長はその友人を優遇し、部下は市長の意向を忖度して便宜を与えている

林市長はそのお友達のために税の違法減免を行い
    公有財産の貸し付けに便宜を与えているという

       国における加計学園や森友学園事件に酷似している
 

太田議員をして、資料請求させます

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月20日(水)09時05分54秒
             <資料請求>

                 平成29年9月20日

横浜市長様
                 横浜市会議員 太田正孝


林市長はDeNAに、日本大通りの旧国有財産のビルを貸し付けています
この貸し付けにあたっての貸付先選定委員会の議事録等を含む貸し付
けに至る経緯と貸し付け条件のわかる公文書写しを資料請求します。
 

市長はDeNAベイスターズの親会社DeNA代表取締役会長 南場 智子と昵懇

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月20日(水)09時00分36秒
  市長はDeNAベイスターズの親会社DeNA代表取締役会長 南場 智子と昵懇の仲なので
特別待遇で熱闘倶楽部で推しています。
マリノスや横浜F.C.、横浜ビー・コルセアーズ支援はDeNAと比べ希薄です。

市長はDeNA代表取締役会長 南場 智子に公有財産も貸し付けています。
その貸付は違法性の高いものです

太田先生のお調べに期待します

 

よい教員が集まるような大学に

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 9月19日(火)01時16分25秒
  ここ10数年の市大の動向を見ていると、疑問に思うことが多い。

小さな大学なのに、はたして4人も副学長が必要なのだろうか。
私は、横浜市官僚の改革路線には根本的に反対で、彼らは学問や教育にはまったく無知であると感じる。
小川、布施、小島、馬来らの面々は、大学史上における決定的な汚点として、その名を残すことは確実であると思う。
彼らがほんとうのところ何を考えているのかはわからないが、教育者、研究者として失格であることは間違いない。

大学の機構を改革して、よい教員を集めることが急務だと私は思う。
 

市政問題としては大きすぎるので時事問題の方に詳しく書きます

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月18日(月)15時51分54秒
  安倍自公政権がこれまで進めてきた政策の中心は、第3次アーミテージ・ナイレポートと呼ばれるものの、日本への提言という部分です。

このレポートは
アメリカへの提言・日本への提言・日米同盟への提言と3つに分かれています。

日本への提言の部分は9項目ですが、まさに安倍晋三が理由を明確にしないで実行してきた事と一致します。

詳しくは時事問題で。
 

国民から信用されていない総理なんて

 投稿者:こちらデスク  投稿日:2017年 9月18日(月)12時01分29秒
   内閣支持率が持ち直してきているといっても,最大野党のゴタゴタというオウンゴールによるものである何よりの証拠が,支持する理由の一番が「他に替わりがいない」であることです。一方で,支持しない理由として挙げられるのが「総理という人物が信用できない」であり,モリ・カケや日記隠しも「解明には程遠い」と思っている人が大半ですから,安倍一強も一皮むけば空中の楼閣にすぎません。  

市営地下鉄のオーバーラン

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月18日(月)09時48分43秒
  市営地下鉄ブルーラインの電車が9月17日午後時45分ごろ、関内駅で、あざみ野行き電車が駅に到着してもドアが開かず、少ししたらアナウンスで乗車位置を変えるアナウンスがあったが、バックして、また少し行く過ぎて、少し全してやっとドアが開いた。
ホームの無人化は如何なるものか?
 

いい加減な環境創造局の業務

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月18日(月)09時26分50秒
  環境創造局は20年以上前に、新横浜通りと県道平戸桜木線の地下道を建設(道路局建設課)した時の切り回し工事を環境創造局が独自で工事して、下水道工事の管路図から抹消して、今頃に市民に追及され、縮小した下水道本管が発見したのに、歩道上のマンホール蓋をコンクリート蓋でごまかすはずが、市民追及で鉄蓋に変えたが、横浜市のマーク(ハマ)か横浜市名が入っていないふたを設置した。
環境創造局は、税金と下水道料金とギャンブル場の環境整備費も使って、無駄な工事が多く見られる。
この様な業務を会計監査は行われなのですか疑問であると財政局は指導せずに予算を配分している。
 

高齢者をこばかにした地下鉄車内広告

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月18日(月)09時12分23秒
  横浜市交通局は、私学の学生定期券の値引きをして、高齢者の敬老パスとシニアパスを倍に値上げをして、9月17日に、地下鉄に乗車したら車内吊下げ広告に、敬老パスを取得して外出をしようの広告があったが、あまりにも高齢者を馬鹿にしている交通局である。
交通局は、敬老パス等を倍も値上げすれば、高齢者に外出をするなと言わんばかりであるのに、今回の広告は逆行している。
 

マリノスの利権は某党市会議員団がマリノス元取締役N氏と握っています

 投稿者:市民S  投稿日:2017年 9月18日(月)08時57分52秒
  台風18号で西日本は大変ですが新横浜公園は過去に少なくとも4回は、水没していて
最大は1m40cm冠水しました。
小机Fも水没していて防水ハッチがついています。
1回冠水すると復旧費は、8000万といわれています。

夜間留め置きも限界があり2019年ラグビー9-10月、五輪パラ7-9等は危険です。
復旧に1週間はかかります。


マリノスやYSCCのマイナス補てんには横浜市サッカー協会少年委員会は格好のドル箱。

マリノスは、日産グループがいて組織で子会社等がチケットを買いチケットだけは26000枚
売れているのに観客は20000人しか入らないとかよくあります。

陸上競技場がサッカー会場になると看板広告が多く出せますが、最近ではTVやスマホの影響で
コンパクトなサッカー専用スタジアムが求められています。
マリノスでも2Fを開けて使うのは年に3~4試合です。

マリノスの利権は某党市会議員団がマリノス元取締役N氏と握っています

市長と日産と市議団のご活躍????で、市民大迷惑
 

林文子を操る菅官房長官

 投稿者:解散  投稿日:2017年 9月18日(月)08時51分37秒
  カジノを導入して市民を不幸にしようとしている林文子の背後に菅自民党官房長官がいますね
カジノ反対の方は、よく考えてください
 

大義なき解散

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月18日(月)01時19分14秒
  これで解散したら国民をなめっきています。

各議員には恨みはありませんが、独裁政党になり下がった自民党を潰す必要があると思います。
 

自民党議員を落選させましょう

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月17日(日)22時07分35秒
  林文子が強気でいられるのも、自民党が背後にいるからだと思います。

カジノはいらないというのでしたら、自民党議員を落選させるのが一番です。

受け皿が無いなどと云うたわごとは、国政選挙では通用しません。やらしてみればいいのです。

アメリカの手下、大マスゴミ干渉に気をつけましょう。
 

いよいよ総選挙です

 投稿者:太田正孝  投稿日:2017年 9月17日(日)16時10分57秒
  総理大臣が解散を決断しました
大きな節目です
皆様、明日の日本のために、愛する家族の明るい未来のために !
大きな選択の時です!
 

景観ありきの街づくりをする都市整備局

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月16日(土)13時54分27秒
  都市整備局は街づくりに、本来の街を使う人・生活をする人を優先すべき街づくりでなく、
街づくり協議指針と街づくり地区協定で、他人の土地の利用勝手を勝手に決めて、横浜市のルールを守った者は馬鹿を見て、従わらずに建築物を建設しても咎められない。
これに対し横浜市は、お願いのものだからしょうがないと言い、また違う部署(建築局の建築確認)情報は共有していると述べているが嘘であって、都市整備局の街づくりに従わなくても許可は下りている。
また、みなとみらい地区は、都市整備局と三菱地所と都市整備機構(UR)共同開発でできた街で、都市整備局は景観ありきで、生活問題を無視したルールを作り、都市整備局の外郭団体の㈱みなとみらい21に運営させ、表向きは㈱みなとみらい21がルールを決めているからしょうがないと、市民陳情を受け止めない。
1.放置自転車の規制をしているのに、グランモール公園下に、横浜市が造った駐輪場の場所は、すぐそばに行かないと駐輪場がわかない。これは道路に駐輪場の案内板も全くない。これは都市整備局の景観優先で設置されていない。
2.みなとみらい地区には住宅地区(高層で高額マンション)の計画は期初から設定したが、学童は旧市街地に通学をさせているが、みなとみらい地区の道路等には通学路表示標識が無く、スクールゾーン表示が景観を理由で表示をしていない。旧市街地学校が学童のあふれの為、10年暫定で30年度からみなとみらい地区に開校するが、10年後には建設をした学校を取壊し、基礎支柱も全部撤去して、転売する。大きな無駄遣いの街づくり計画をする都市整備局である。
3.横浜市はオフィスと商業施設の地先は最初から車両等の出入りの歩道を切り下げをしてあげて、歩道に大きな石を敷き詰めて街づくりをしたが、水陸両用車で事業計画を林市長が仕組んだが、街づくりの失敗で、歩道の敷石の破損で歩きにくい街づくりであり、本来であれば、地先事業者が、道路管理者に自費工事申請を行って、許可を受けてから、工事を行い道路に過重(車両の出入り)がかかるところは、道路路盤強化して行うべきであるが、都市整備局が街づくりを行ったが、ルールが確立していない。
ランドマークぐらいしか適正に公道を運営していない。
また、横浜市の外郭団体も全く地先を改良せずに、傷むと道路管理者に補修させている。
横浜市みなとみらい熱供給センター(資源循環局所管)・日本丸財団(港湾局所管)
以上のように一部であるが林市政は、企業と自分(外郭団体)達には税金を放漫的使用して、市民の陳情はお金がないことですましている。
 

そんな旗がある等と気が付きません。どうも済みません。

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月16日(土)13時00分49秒
  6月初め日中に石川町から中華街、日本大通りを歩いたのですが、書かれているような旗を見た記憶がありません。

建物の壁などから道路の方に棒(竿)を出して吊り下げる、バナーフラッグと呼ばれるものでしょうか。
 

真の名門大学へ発展を

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 9月16日(土)12時27分33秒
  市大は、東京の国立大学の陰に隠れた、地味な存在だったと思う。
しかしながら、創設以来、着実に発展をして、多くの有能な卒業生を世に送り出した。
大学改悪とはきっぱり縁を切り、改悪に協力した教員を大学から追放すべきだ。
学部の再編を機に、組織の真の改革、入試の改革を行い、真の一流大学へと脱皮すべきと思う。
 

暇人様のお答えして

 投稿者:自由倶楽部  投稿日:2017年 9月16日(土)12時27分11秒
  ● 道路占用がどのような形で行われているのでしょうか   投稿者:暇人さま

この幟旗は、日本大通り・中華街通りなどに掲げられているビニール製のフラッグです
現地にたくさんはためいております。

減免申請は「熱闘倶楽部林文子」で、申請人の申請名目は「熱闘倶楽部事業」です
「熱闘倶楽部」は公益事業者であり、その事業での掲示であり、その事業者が減免対象だから
減免申請を行うという触れ込みです、更に、熱闘倶楽部が公的団体であり、フラッグの掲示
に公益性があるという、市民局長の「減免要請」の「副申書」が添えられていました。

もちろん、フラッグはベイスターズの宣伝旗であり、ベイスターズ事業用の旗であり、だれが
申請者であろうが、「公益性のない」事業用の旗であることは明白です。
熱闘倶楽部は、法的な公益・公的事業者ではありませんし,フラックの掲示はベイスターズの
事業用のものです

林文子は、自分が市長であり、ベイスターズから献金をもらっている立場であるから
ベイスターズに便宜を図る目的で、ベイスターズの旗の掲示を、熱闘倶楽部の事業旗の
掲示であると偽り、道路局に対して、減免申請を行ったものです。

もちろん、熱闘倶楽部は、プロスポーツ団体の応援組織であり、法的な公共団体、公益団体
ではありません
(横浜市が補助を支出してよいとされる公共的、公益的団体でありえないのです)
 

道路占用がどのような形で行われているのでしょうか

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月16日(土)10時42分45秒
  減免の申請を行わなければいけないのは、道路占用の許可を申請した者「熱闘倶楽部」です。市民局長の名前が入っている減免申請書が提出されたのでしょうか。

現地というかどのような状態なのかよく判りませんので写真があればアップしていただけませんか。
 

横浜市選挙管理員会委員長・・・林市長の刑事告発を勧める!

 投稿者:M機関・諏訪  投稿日:2017年 9月16日(土)09時46分49秒
  太田正孝市会議員の、市長による「花輪の寄付行為」についての質問に対して選管委員長は
林市長による「熱闘倶楽部会長林文子」名義の花輪のプロスポーツ球団等に対する寄付行為
につき、選管では・違法かどうか判断できないから刑事告訴で判断してもらったらどうかと
発言した。

市長側に全く反省の色なく、我々は、やむを得ず、
選管の勧めに従って、林市長を刑事告発することになった!
 

悪質な林文子市長

 投稿者:M機関諏訪  投稿日:2017年 9月16日(土)09時07分28秒
  ● 熱闘倶楽部の道路占用の問題点   投稿者:暇人  さま

悪質な林文子は、
熱闘倶楽部の幟旗ではなく、ベイスターズの幟旗なのに、熱闘倶楽部の幟旗・熱闘倶楽部の事業
であると「偽って」、道路占用料を不正に免れた。

不正を行った熱闘倶楽部林文子は、その名をもって、自分自身である「横浜市長林文子」に
減免申請をして、減免させたのですが、その不正に免れた金額はこの数年間でも500万円
である。

道路局長は、減免したのは「市民局長の減免要請=副申書」があったからだと言っている。

太田市会議員は、不正に免れた500万円を速やかに支払うよう求めているが
これが入れられないときは、監査請求し、損害賠償事件で告発することになるであろう。

既に、公金でプロスポーツ球団等に「花輪」等を寄付・贈与した事件は、選挙管理委員会の勧めで
刑事告訴することになったが、この、税を不正に免れて、市長に献金させていた事実が判明すれば、
追加で、刑事告発することになる。

林横浜市長による、極めて悪質な公金私的利用・流用事件として、強く弾劾されねばならない

カジノで金がもうかるから、市民が不幸になってもよいとする極めて悪質な市長は、この幟旗事案
でもお分かりのとおり、金・金の守銭奴である。金をもらっている球団に、便宜を図っている。
この球団には、横浜市の貴重な財産(日本大通ビル)も、特命で貸し付けているとされている。

           即刻断首されなければならないのです。
 

文化観光局長

 投稿者:横浜自由倶楽部情報収集班  投稿日:2017年 9月16日(土)08時50分44秒
  ● 文観局長   投稿者:市職員 さま

文化観光局に関係する「おかしな事柄」についての内部告発をお願いいたします。

局長は林市長が連れてきた外部の方ですが、
市長同様に、おかしなことが行われているという情報があります



 

熱闘倶楽部の道路占用の問題点

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月15日(金)17時45分59秒
  事実関係は次のとおりでよろしいのでしょうか。(道路占用の許可を受けている場所がよく判りませんが。)

平成28年度はベイスターズが、道路占用の許可を受け(有料)幟旗を設置していた。

平成29年度は熱闘倶楽部が、道路占用の許可を受け(占用料免除)ている。
当該箇所に設置されている幟旗は28年度と同じものである。

道路占用の許可というのは道路占用を行うものが許可申請を行います。

28年度の占用許可を受けた者は、当該箇所に自己所有の幟旗を立ていることになります。

29年度の道路占用の許可を受けた「熱闘倶楽部」は熱闘倶楽部の幟旗を立てないといけません。

熱闘倶楽部の幟旗ではなく、28年度と同じ幟旗が立てられているのでしたら「熱闘倶楽部」は自分の名前で道路占用の許可を受けた場所を、別人に使用させているということになります。

この場合には、道路占用権利の譲渡が必要になります。

横浜市は、別人に使用させる前提の道路占用許可を行いしかもそれを占用料免除という形で行ったということになります。

道路占用の許可権をもつものが、第三者に占用させるために自らが道路占用の許可申請を行てることになります。
 

文観局長

 投稿者:市職員  投稿日:2017年 9月15日(金)15時41分31秒
  寄附金等のことは存じませんが、、文観局長のパワハラまがいは庁内で有名です。
市会等の局長説明は、何が起こるか恐怖で、準備で神経がすり減りました。
今の職場は課長部長を承認受けた案件は、だいたい通りますし、議論はありましが、課長係長が激しく罵倒されることもない。それが普通だと知りませんでした。市会の局長説明は、そういうものだと思っていました。
日産に帰らないと、職員は士気が下がったでしょう。
 

騙されないでください

 投稿者:内部告発  投稿日:2017年 9月14日(木)09時11分3秒
  ● カジノは白紙は「大嘘」

林文子は、カジノにもDeNAを参加させる予定・・・内部打合せ済み
 

市会の質疑を聞いていて

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月13日(水)23時59分47秒
  横浜市の最大の問題点は、市長の言う事を素直に聞く市議会の存在ではないでしょうか。

IRの問題にしても市長が「国の方針が決まっていないので、現在は白紙である。横浜市の利益になるようにする。」と答弁してそれで終わりでしょうか。

市長が「横浜市の利益」について何も説明しないのに、それで終わりというのでしたら、議会費に30億円もかける必要はないと思います。
 

太田正孝市会議員の本会議質問

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月12日(火)13時14分7秒
  ● 明日の本会議で太田議員が市長に質問します

質問項目は
      ① 熱闘倶楽部を使っての公金不正流用事件

      ② 市民を不幸にするカジノ導入について・・・等々

太田議員は必ず、激しく市長を詰問いたします

残念ながら質問時間は5分ですが、太田議員の舌鋒にご期待ください

ネット中継されます・・・・太田議員の質問開始時刻は・・16時30分前後です
 

監視団を派遣

 投稿者:M機関・諏訪  投稿日:2017年 9月12日(火)08時48分27秒
  ● 市長の外遊に調査員を派遣

林市長が今月末に台湾に外遊する。
実情を監視する為、M機関は現地に調査員を派遣することになった。
 

林市長が外部から連れてきた文化観光局長!トリエンナーレなどの不透明な金の流れ

 投稿者:職員  投稿日:2017年 9月12日(火)08時44分24秒
  太田先生
アクション事業・トリエンナーレで専従する市職員は10名を超えます
事実上は文化観光局が仕切っていますが、集まってくる寄付金等々の金の流れをお調べください

非常に不透明です
 

林市長はカジノをやる

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月12日(火)08時37分10秒
  ● カジノ問題

井上市議・太田市議は、13日午後の本会議で、市長がやるというカジノ問題につき
反対して、市長に激しく質問する
 

業者に便宜を与え続ける市長

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月11日(月)12時09分34秒
  ● 道路面を壊す水陸両用車事業   投稿者:市民さま

観光振興の美名に酔い、市民負担が増加し、あのヘリコプター観光遊覧のように
林文子に献金をするものに、便宜を与えているのです

いつか、清算しなければなりません
 

道路面を壊す水陸両用車事業

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月11日(月)10時44分9秒
  林市長が起こす事業は、粗悪な企画でやりたがる水陸両用車をみなとみらい地区で行われているが、日本丸前の歩道上か海に降るから歩道上に敷かれている石がガタガタに成り、一部が石が破損し始めているが、この歩道の整備修理代はどこが負担し行われるのですか、土木事務所と都市整備局みなとみらい推進課は税金で治さず、林市長の給料から出させるべきである、林市長はやりたいだけで、手も汚さず、汗もかかずに、単に市税の無駄遣いだけである。
本来、既存の公道等からの海より出入り場所は、公道の切り下げと路盤の強化すべきである。
 

横浜市職員の皆様、カジノはいけません、阻止するために、決起してください

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月10日(日)21時47分10秒
  林市長は必ずカジノを作ります!
          カジノは貴方の家族をも、必ず不幸にします!
                           林市長を打倒するため、決起してください

邪な政治を、排除いたしましょう
            悪いことを見たり聞いたりしたら
                      太田正孝や横浜自由倶楽部に、ご通報ください
 

林文子の熱闘倶楽部の悪事

 投稿者:市民TS  投稿日:2017年 9月10日(日)10時34分39秒
  林文子の熱闘倶楽部で困っています

林市長の指示で、横浜Fマリノスが新横浜公園グランドを占有しているから
一般市民のサッカースクールが使えなくて皆困っています。

太田先生、調べて、改善してください
 

林市長は横浜にカジノギャンブル場を作り、市民を不幸ににする

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月10日(日)06時47分53秒
  ● ギャンブル依存は病的賭博~~個人の意思だけでは簡単に克服できない!

         (世界保健機関がギャンブルを精神疾患に認定)

負けて負けて、時には 勝って、また負ける !
借金を重ね、多重債務者となり、家庭崩壊、人生が破壊される!

林市長は、山下埠頭にカジノを作る約束のもとで、某党の推薦を受け、当選した
林市長は必ずカジノ場 を作り、横浜市民をこの先百年、二百年、苦しめる!

市民の皆様~公務員各位~市長をこの横浜に存在させていてはなりません!!
 

日本の教育と市大の未来

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 9月 9日(土)11時26分18秒
  日本の学術界も学歴社会だと思う。

一昔前までは、ノーベル賞受賞者は旧帝国大学出身者がほとんどであったし、アカデミーの会員なども同じことが言える。
日本の教育制度を支配している文部科学省、長らく政権与党であった自民党の意向、政策が大きく影響していることは否定できないと思う。

日本の教育は大きくゆがめられている。学校間の格差・序列化によって、若者はプライドを傷つけられ、劣等感を抱き、悲しい思いをしている。

横浜市立大学には、幸い、長い伝統があり、すぐれた研究者も輩出している。
この伝統を生かし、現在につなげ、未来に渡すことがもっとも大事なことだと思う。そこをよく考えてほしい。

大学改悪とは完全に訣別し、新しい道を歩むべきではないか。
 

悪事これに極まる

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月 8日(金)17時18分59秒
  ● 卑劣な言い逃れ

林文子横浜市長は、自分が会長を務める熱闘倶楽部が、公職選挙法違反の花輪をプロスポーツ
球団等に提供している事実は当然に承知しているのである。

体育協会が、公金を流用して、勝手に花輪を出してきたと言い逃れ、体育協会山口会長に
全ての罪を負わせようとしているようである。

この話は、市民局スポーツ振興課長が某新聞社記者に話した。
 

林文子の違法行為を免れるための横浜市の統一見解

 投稿者:M機関・諏訪  投稿日:2017年 9月 8日(金)16時52分10秒
  ● 林文子が、公金を流用してプロスポーツ団体に豪華な花輪を贈っていた件

公職選挙法違反で訴えられるとわかった林文子は、罪を逃れるために、鳩首相談し
罪を体育協会に擦り付けることに決定した。

曰く

「あくまでも花束は28年度まで委託された横浜市体育協会がしていた事である
 29年度からは横浜市市民局スポーツ振興課が直接各プロスポーツチームに
 事業委託費用を支払っていたりしているから・・問題無い!」
「林文子は全く知らないことである」

 

熱闘倶楽部不正事案関係書類はおおむねそろっております

 投稿者:太田正孝  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時54分48秒
  ● 熱闘倶楽部の補助金について   投稿者:暇人さま

関係書類はおおむねそろっております。

林市長が言い逃れができないほど、そろっておりますから、ご希望なら、ご覧いただけます
 

富裕層に加担する交通局政策

 投稿者:市民  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時04分33秒
  9月8日神奈川新聞記事で、来年(平成30年)3月から、バス・地下鉄の通学定期の割引率を上げる記事があり、子育て世帯の家計負担軽減を図るコンセプトで事業転換を述べているが、基本、小学校と中学校(義務教育)の公立校は、交通機関での通学は基本させないはずである。
この交通局の政策だと西区、中区、都築区、青葉区等の高額所得者が集まる地域は、小中学校を受験して、私学へ通学する家庭に手立てをするのは、今の政権与党の政策と同じで、富裕族と貧困世帯の2極化に拍車をかけている政策である。
交通局は、もっと他に営業努力が必要と思われる。
中区で、運行しているJR山手駅からJR桜木町駅間を運行している、20系統は朝と夕方は、山手地区の私学の小学校と中学校の児童で満員になるが、日中はガラガラであり、ほかの路線より定期券乗客が多く利用しており、収益は圧迫しており、大きな改革で市営バス路線を大きく縮小した時ももんだになった路線で、交通局は路線の見直し時には、JR山手駅からみなとみらい線の元街中華街駅にショート化としたが、収益と乗降客が伸びず、逆に乗客数が減ったため、1年強で現況に路線を戻した経緯がある、交通局の経営は間違いだらけである。
交通局の経営を大きく見直しと、所場である、営業所の固定資産税納付と港湾局への地代の納付とを求める。
 

熱闘倶楽部の補助金について

 投稿者:暇人  投稿日:2017年 9月 7日(木)17時38分27秒
  熱闘倶楽部の補助金に関する以下の書類は揃っているのでしょうか。

1 熱闘倶楽部の補助金交付申請書
2 補助金交付の伺
3 補助金交付決定通知書
4 補助金の支出命令書
5 昨年の補助金の支出命令書

最低限これらの書類が必要かと思います。

特に補助金の交付申請書はスタートになりますので絶対に必要です。

これらと、熱闘倶楽部の道路占用関係の書類を併せて行く必要があります。
 

太田正孝議員は、明日と13日に本会議で市長の市政運営を質す

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月 7日(木)15時25分51秒
  ● マリンタワー不正貸し出し事件

このことについては何度もその不正行為をやめるように、太田議員から市長に意見している
ことである。

マリンタワーの現経営者を選定する際に市長が設置したマリンタワー貸付先の選定委員会は
その設置を条例に基づかずに行った私的な選定委員会であった。
そうした選定委員会を「付属機関」というが、条例に基づかないで設置された付属機関は
地方自治法に違反する違法な物であり、その選定委員会の決定は無効であり、その決定に
従って横浜市がおこなった貸付先選定とその者とにマリンタワー貸付契約は無効とされる
のである

付属機関とは
地方自治法第138条の4第3項及び地方公営企業法第14条の規定に基づき設置する審査会、
審議会、調査会等の機関の事である。
また、この付属機関は、条例をもって設置しなければならず、条例によらないで設置された
マリンタワー業者選定委員会は違法であり、当然にその決定は無効であるのである

そうした違法に決定されたマリンタワーの貸付先とのマリンタワー賃貸借契約は、もちろん
地方自治法第2条によって無効となるのである

しかし、林市長は、この違法な契約を有効として、今日まで是正しないばかりか、驚くことに
今になって「条例に基づく選定業者委員会」という付属機関を設置し、今までの違法な契
約者を、再度選定して合法なものにすれば、「過去の、今日までの違法行為は治癒される」と
考えて、今月の市会定例会に、マリンタワー業者選定委員会の条例上の設置を提案してきてい


悪質な林市長の行為は、弾劾されなければならない
 

明日議会本会議で、マリンタワーの件等を、市長に質します

 投稿者:太田正孝  投稿日:2017年 9月 7日(木)15時21分6秒
  お世話になります

  明日の太田正孝の質問時間は、おおよそ14時頃です

  申し訳ありません‥残念ながら質問時間はたったの「3分」です。

  ネット中継でご覧になれます・・・横浜市会で検索願います
 

警告!

 投稿者:諏訪  投稿日:2017年 9月 7日(木)11時48分7秒
  林文子は、
自らが行った熱闘倶楽部補助金等が市税その他の貴重な財源で賄われるものであることに
特に留意し、現在のような、税金を流用・悪用しての熱闘倶楽部活動は直ちにやめよ

林文子市長は、マリンタワー貸付契約をすぐに解除せよ
 

補助金規則や地方自治法に違反して平気な顔の林市長

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2017年 9月 7日(木)11時17分20秒
  ● 熱闘倶楽部に支出された「補助金」の使途は、そのほとんどが「公益上必要がある補助金」
  とは言えない!

林市長は、自ら運営する熱闘倶楽部に対して、年1000万円からの補助金を出している
横浜市による補助金の公金支出は、「公益上必要」なものでなければならず、その公益性は、
もちろん客観的に見ても、公益上必要と認められるものでなければならないのである。

プロスポーツ団体に対する熱闘倶楽部に市長が補助したその補助金の使途は、そのほとんどが
公益上必要な補助ではないことが、熱闘倶楽部の公金支出明細で判明している

林市長が自ら公金の使用につき、違法行為を行っているのであり、いやしくも、市長が
行ってはならないことなのである。

横浜市の補助金にかかる規則にも
「 市長は、補助金等に係る予算の執行に当たっては、補助金等が市税その他の貴重な財源で
賄われるものであることに特に留意し、補助金等が交付の目的に従って公正かつ効率的に使用
されるように努めなければならない」と
林市長の責務をうたっているのである。

市長は、公金の不正使用につき、責任を取らねばならない
 

/215