teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


そろそろ、連休登山の計画を立てる頃だが、乾徳山や白髪門山、西黒尾根から谷川岳の様な、楽しい山へ登って欲しい。

 投稿者:サラマンドラ  投稿日:2017年 4月 6日(木)23時10分50秒
  そろそろ、連休登山の計画を立てる頃だが、乾徳山や白髪門山、西黒尾根から谷川岳の様な、楽しい山へ登って欲しい。
 
 

蕨高山岳部OBの方へ

 投稿者:saramandora  投稿日:2017年 3月10日(金)19時00分24秒
  大学は定年退職し、メールアドレスは、norio.tarao@gmail.com になりました。  

お金がなく、山どころではありません。

 投稿者:蕨高山岳部OB  投稿日:2017年 3月10日(金)18時35分46秒
  私など、もう、年金生活で、無職ですし、お金がなく、1日に二食を食べるのがやっとです。それも、主要なオカズは、納豆です。週に1度、58円のボンカレーを半分食べますが、どうしても、半分以上食べてしまい、次の週には、半分なくて、悲しくなります。 いずれにしても、山の道具も、綺麗に磨いて売ってしまったので、山へは行けません。  

磯野君とか内田君、吉浪君、体力があって気の良い奴??誰だったっけ??

 投稿者:saramandora  投稿日:2017年 2月 1日(水)23時28分15秒
  そろそろ、誰か返事をしてくれるかな?  

大貫金吾先生とヘールボップ彗星

 投稿者:saramandora  投稿日:2017年 1月15日(日)01時26分24秒
  大貫金吾先生と富士山については多くの人がご存知だと思いますが、大貫金吾先生と百武彗星、ヘールボップ彗星、については、私と大貫金吾先生以外には全く知られていない事が多く、少し書かせて頂く。
(百武彗星の事は後日書かせて頂く)あれは、1997年3月半ばだったと思う。3月初めに望遠鏡・望遠レンズによるヘールボップ彗星の写真を撮り終えた私は、いよいよ本職?の山岳天体写真を撮るべく、天体観測年表(地人書館:2009年から廃刊)や日本地図(経度緯度と標高を見る)から、月に照らされた北岳とヘールボップ彗星を撮るのには、夜叉神峠しかないと思い、芦安から夜叉神峠へ行った。私が夜叉神峠で撮影をしていると、誰かが同じようにカメラを構えている。傍によって見た時、それが大貫先生である事に気付き、先生の計算力の緻密さに驚いた。私は、永年の経験と資料の蓄積で、夜叉神峠から見ると、丁度月が出始めに、純白に雪を纏った北岳バットレスが、月の出で、丁度日の出で赤く萌える様にピンクに染まり、その上にヘールボップ彗星が横たわる事がわかって、ワザワザ、夜叉神峠夜登山口まで車が入れないこの時期に撮影に来たが、前の年の百武彗星から始めて、未だ初めて間もない大貫先生にそんな予測能力がある筈がないのに、どうしてわかったのかと、脅威に思った。しかし、その後、先生の山岳天体写真への思いが、半端ではない事に気付かされた。と言うのは、それから数日後に、今度は、奥穂高岳と槍ヶ岳の見える蝶が岳で、同じ様に、穂高や槍の雪面が月の出に萌え、その上にヘールボップ彗星が横たわる写真を撮ろうと、腰までのラッセルを乗り越え、蝶が岳山頂の山小屋へ行くと、またもや、大貫先生がいらっしゃった。その晩は構図上、一晩早過ぎ、次の日に丁度、ダイキレットから槍ヶ岳の上にヘールボップ彗星が乗るのがわかったが、私は次の日の朝から浜松の大学で、物理学実験があり、下山せざるを得なかった。大貫先生は、『そんなに大切な授業なのか?』と、おっしゃったが、私も、『体調が悪く、休講にするか?』とも誘惑にかられたが、『今まで、1度も休講にした事がありません』と、少し早い構図での写真を撮り、下山を始めた。大貫先生は、もう一晩小屋に泊まればすごい写真が撮れるのに、私に付き合って一緒に下山してくれた。下山してから、中央高速で名古屋を回って、浜松西へ出る前の東名高速の途中で、私は、何時の間にか、路肩に車を止め、エンジンをかけたまま、ハンドルにかぶさって、爆睡していた。朝日で目を覚め、浜松西で高速をおり、下宿で仮眠し、大学の朝の授業へ行った。その後、天文ガイドで、案の定、次の晩に蝶が岳から撮った『ダイキレットから槍ヶ岳の上にヘールボップ彗星が乗った写真』が、入選写真に入っていた。私は、大貫先生に申し訳ない事をしたと思った。(先生は私と別れた後、白馬岳でヘールボップ写真を御撮りになっていた。)その後も再三、同じ山で先生とお会いしたが、その話は、百武彗星の話と共に、後日に回したい。

 

大貫金吾先生、が2016年10月7日に逝去されました。

 投稿者:saramandora  投稿日:2017年 1月14日(土)20時24分56秒
  昔、お世話になった、元 立教高校 数学教師・山岳部顧問 富士登山五百数十回達成の 大貫金吾先生、が2016年10月7日に逝去されました。追悼礼拝が同年11月6日に立教大学新座チャペルで行われました。
大貫先生の隠れたエピソードに、先生が65歳の時、一緒に走った埼玉マラソンで、3時間26分で走られ、65歳以上で2位となり、トロフィーをもらわれた!事や、伊藤正世さん(車等で)伴走の元で、田子の浦から富士山剣ヶ峰(3776m)の往復95Km走破!があります。
生前のご恩に感謝し、心からご冥福をお祈りいたします。
 

そろそろ皆さん年金生活に入り、山どころではありません。

 投稿者:蕨高山岳部OB  投稿日:2017年 1月12日(木)23時03分40秒
  何しろ、三度の飯を1度に減らさないと生きては行けません。  

みんな、腰痛と膝痛で、山へ行けなくなったのです。

 投稿者:蕨高山岳部OB  投稿日:2016年12月23日(金)00時40分50秒
  そして、お金が無くなり、山どころではありません。
もし、山へ行くのなら、自転車で行けるところしか、無理です。
その場合も、外で寝る事になるので、夏しか行けません。
 

如何したんだ?誰も来ないな!

 投稿者:saramandora  投稿日:2016年12月20日(火)19時57分23秒
  芳賀君!大橋君!磯野君!勝又君!吉浪君!内田君!立石君!他にも、大勢いたのに・・  

もう、誰も来ないので、閉めた方が良いかな?

 投稿者:saramandora  投稿日:2016年11月29日(火)15時20分35秒
  どうも、皆、私が死ぬのを待っているみたいだ??
こんなんなら、ココも閉めないと仕方がないかな?
 

レンタル掲示板
/19