teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/195 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:111回生 岡田燈  投稿日:2016年 3月21日(月)21時17分34秒
  通報
  引退して約九ヶ月。正直、もうバスケをしてない生活にも慣れました。でも、芝での六年間をバスケ部として過ごした実感はまだまだ残っています。思い返せば、常にバスケ部のメンバーと一緒にいた気がします。部活の時はもちろん、休み時間、放課後、校外学習などいたるところで。バスケ部にいて得られたものは、体力でも技術でもないんじゃないかなって思います(今や体力も技術も皆無だし…)。


それでは、支えてくれた方々に感謝を。

先生方へ
リーダーシップを発揮できず、迷惑をかけていまい申し訳ありませんでした。誰一人としてその役割を担おうとしなかったのが、この学年の悪いところだったのかなと思います。でも逆に、一人一人が同じ立場でいれたことが、この学年の良さでもあったのかなとも思います。

先輩、後輩へ
僕はあまり同輩以外に関わろうとしませんでした。今となったはもったいないことをしたなと思ってます。ただ、一緒にバスケが出来て、嬉しく思います。

同輩へ
これからも会うし、恥ずかしいし、言うことはないけど、これだけ。自分から誘うことはあっても、誘われることが少ない気がします。もっと遊びに誘ってください。

保護者方へ
勉強をしなきゃいけない環境の中で、好きなことをやらしてくれて本当にありがとうございます。その温かい目でこれからも見守って下さい。


最後に
バスケ部にこのメンバーでいられたことが何よりも幸せでした。ありがとうございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/195 《前のページ | 次のページ》
/195