投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


おかしな林市政事業計画案

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月20日(土)08時09分53秒
  林市長は、前後を見ずに、ただ、連接バスをただやりたいだけで、都市整備局都市交通課に丸投げで、それを交通局の訳のわらない事務職係長に仕切らせ、並行して道路局総務課と企画課に丸投げで、曲がれない狭あい交差点をどの様に、連接バスを運行して角度のある道路を運行するのか理解できない、林市長は日産で車の営業をされてきたようだが、車のホイルベースが長ければ、内輪と外輪差が大きくなり、緩やかなカーブも2車線を使用しなければ運行できず、狭あい道路が多い都市計画路線が多い。
現に、都市整備局都心再生課が事業化を推し進めた県道平戸桜木線の歩道拡幅工事が行われた場所で、緩やかなカーブでも車線の幅員をただやみくもに車両の車幅だけで道路整備したため、大型車両(3トン車以上)は2車線を利用しないとカーブが曲がれず、歩道よりを走行する車両は側溝の白線を乗り上げ、あげくに雨水枡蓋にも乗り上げ、センター寄りからの車両を交わしてから動くのが現実である。現場を把握せずに横浜市の各部署の企画部は机上主義である。
連接バスの運行は、全国で運行されているのは、ほとんど民鉄であり、行政が進めるのは横浜市だけであり、連接バスは廃案にすべきである。
 

正義は勝つ必要があります。

 投稿者:姓も名もある市民  投稿日:2018年10月19日(金)21時08分49秒
 

正義は勝つ必要があります

 

「行政不信」を増長させ続ける

情報マネジメント課(文書管理課)及び

情報課犬塚課長の業務対応の不可解(その2)

本年5月21日に配達された「市長宛て書簡(嘆願書)」が
  原則ルール通り「秘書課」に届かず、「行方不明」になりました。
その原因を解明するため、情報マネジメント集配担当職員氏名の開示を求めました。
ところろが 

情報マネジメント課は9名の集配担当氏名の開示を「個人情報保護関連故開示不可」とするインチキ理由で拒んだ経緯があります。
その後、

この対応は「まずかった」との判断故か、問題発覚の2か月もあとになり、当方書簡を当日(521日)集配担当した平職員Nさんを開示(差し出した?)してきました。

 

当方の林市長宛て「書簡(=嘆願書)」は521日に配達されています。(配達証明有り)

同日の秘書課集配担当氏名質すと、集配システムは、6名輪番運用体制との事。しかし「記録を残さない、取らない」「メモも取らない」「記憶もない」などの運用実態故、奥津課長は、「21日担当者の特定は不可」と回答をしてきました。

集配業務のルールに照らし、
「齟齬」が起こった時の「危機管理」発想は「秘書課」に皆無など凡そ、有り得ない話です。
特に、秘書課配属
8年目の堀口課長は何のために長期にわたり存在するのか、疑念、疑惑を抱きます。秘書課着任1年目の新米課長(奥津氏))に「何かできますか?」との疑惑です。)

これ(集配担当氏名の特定不可能)が事実なら、

             ほぼ成り行き任せの能天気な「組織運営」等、

「世間常識」からは、

にわかに信じ難い回答(「税金泥棒?」)です(詳細は109日付投稿参照)。

一方情報マネジメント課の集配担当(9名)システムは全て文書化され、何時でもどこでも過去を遡り、確認、点検ができる運用になっています。

 

これが賃金の「原資」が税金である「公務員」としての

「当たり前」の業務遂行姿勢です。市民県民は税金で
 市職員に賃金の原資を担保する「雇い主」で、いわば「オーナー」です。
  その自覚や職業哲学のない管理職の「保身だけが生きがい」の
                  「鵺的存在」が見え隠れします。

(*民間企業でこのような失態(後追い確認不能等)があれば「潰れるか」「信用を失います」)

 

秘書課の集配担当業務の「杜撰さ」が改めて浮かび上がるなど、「税金ドロボー」の誹りを免れない、「浮世離れ」した「常識外れ」の組織運営で、奥津課長の上司である、冨士田、権藤両部長の指導責任が問われるなど、

「横浜市職員行動基準」の策定趣旨を踏みにじる行為です。

林市長のおひざ元でのこの杜撰、かつ、いい加減な業務実態は、市民の多数により選ばれた、市長の顔に泥を塗る行為で、憤りを拭えない市民感情です。

言葉を変えれば「市民に唾する行為」で「厳に慎まれるべき所業」です。

 ところで、

状況に応じ、前記5月21日集配担当職員氏名開示等、
      事実を少しづつ小出しにする「政策局情報マネジメント課」の

上司の指導責任も問われます。

政府財務官僚は「事実隠し」に走り、

「改竄」「隠蔽」等不法行為を平然と続け、後になって事実関係が発覚する経緯に、国民は「行政人=公務員、官僚」に不信感を抱く世間情勢があります。

 

にもか関わらず後になり、情報マネジメント課が「事実だ」と称し、その旨小出しにしてきました。この手法は「ご時世感覚」では「ご法度」ですが、

ここでも「世間ずれ=浮世離れ等」の所作が露顕しています。

マネジメント課の

上司幸田副局長とは事件発覚(市長宛て書簡行方不明事件)当初に、今回の件で面談に応じていただいています。

後日同副局長から「古高様からいただいたものを読ませていただくと、

「文書の仕分けをする行政・情報マネジメント課の職員が、嘆願書を読み、

市職員を告発する内容であったため、市長の目に触れないよう

秘書課に回送しなかったのではないか、

という疑念をお持ちになっていると考えます。」

などの見解が示されています。

しかし、同副局長に対しては、部下から十分な情報が伝わってない

   実態を感じます。

故に、感想として上記幸田副局長コメントに対し

「そのようには考えていません」と、伝え、文末で

「・・秘書課に「521日」の集配担当者を確認すると、

記録も、メモもなく、担当者が不明、との回答です。

こんな杜撰な仕事をしますか?

 

少なくも貴課(情報マネジ)の集配担当の割り振りは、全て書面で残され、いつでも「確認」できるようになっています。 これが「常識」と思いますが、「秘書課」は不明・・・ にわかに信じがたい内容です。 ところで 前段の当方疑義理由にかみ合った貴殿回答を希望していたのですが、当方の質問や論旨等の稚拙さ故か、回答は 独自の解説と感じています。 さらに別の観点で「不可解」な貴課職員の対応も提示していますが。 今回の回答には触れられていません。  精査後改めて      意思表示等をする予定です。2018912日」

との回答を提示しています。 ・・・つづく      
 

討論をお聞きください

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2018年10月19日(金)17時56分13秒
  カジノはやくざのばくち違い、寺銭が横浜市に入るからよいのだと言ってはばからない市長

  太田正孝議員の議会委員会委員会質問

http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6552

太田正孝議員の議会討論

http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6532

p756156-ipngn8801hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp(114.145.107.156)
 

築地市場、豊洲移転問題

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月19日(金)08時17分28秒
  東京都民でなくても、豊洲移転は2年間すったもんだの末だったなので、この成り行きは見過ごせません。
北綱島特別支援学校 最初は廃校問題、福島原発いじめ事件、瀬谷に世界園芸博覧会誘致、新市庁舎工事延長 建設費が膨らんでいる問題、ハマ弁。数々の横浜市の失策、対応のまずさ、いいかげんさと重なります。
なんで小池都知事の安全宣言(記者会見を開いたわけではない)で農水省に豊洲市場開設許可をもらい(総裁選で石破派で石破氏の応援をした斉藤健元農水大臣の名前の許可書)豊洲に引っ越しを決め、さらに築地市場を閉場、解体。この横暴さ。辺野古埋め立てとかぶります。土壌汚染は環境省ですね。辺野古の埋め立ても環境省が関係していないといけない。なんで環境省が出てこない。加計学園問題で文科省だけの責任にして農水省、厚労省が知らんふりしていたのと似ています。
このいい加減な決定で築地市場跡地はアデルソン氏のカジノIRを誘致、豊洲市場は世界の「TOYOSU」といいつつ仲卸業者を排除。ゴールドマンサックス系の市場を目指す。利権ほしさ。
は、どうしても許せません。ちゃんと小池都知事に質問してください。嘘の答えが返ってくるとは思いますが、記録に残ります。
食の安心、安全にかかわることなので、この築地市場、豊洲移転についてはこれからも注目していきたいです。今、築地で営業を続けている方々は、反対派というくくりになっていますが、ちゃんと「営業権」があり都がやっていることは営業妨害だそうです。メディアを使って相変わらずの印象操作。実に卑怯。豊洲移転には利権が絡んでいる。今の政府はそんなにお金が好きですか?
 

市民のことは考えていません

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月19日(金)02時58分21秒
  横浜市は2020年6月から連節バスを運行する。確か前も言ったと思うが、ほぼ無視されている。
不満な点 費用が高い 26憶円。国をあげてこの連節バス、LRT、BRTの導入を推奨している。また、なんでも国のいいなり。国と離れて横浜市独自の工夫でもっと安く上手くできないものか?横浜市は政令指定都市。いい加減、国のいう通りに動くのはやめてほしい。26憶円かけておいて税収が少ないからカジノはないでしょう?自民党。
バスに関してはこの掲示板でもいろいろ問題点があがっているが直す気はあるのか?市民の生活よりもMM21地区第一。利権が第一。こんな横浜市に税金は払いたくない。
 

IRでもいりません

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月18日(木)06時09分19秒
  カジノではなくIRだったしても、東京にはすでに、ホテルもショッピングセンターも美味しい食事処も劇場も展示場もあります。横浜も、みなとみらい、元町、中華街があります。わざわざIRを作れば、そちらにもっていかれてしまいます。もったいないと思いませんか?ラスベガスは砂漠の何もないところにカジノを中心とした街を作りました。シンガポールは観光に乏しい国でした。日本は違います。私はオリンピックの時に外国人観光客がちょっと遊ぶだけというイメージでいました。もうオリンピックには間に合いません。私はカジノIRを知らないのでネットでいろいろ調べました。政府はシンガポールのいい例を出してきます。シンガポールと横浜、東京は全然違うのに。日本はすでに観光立国です。IRでも日本が作って周りとの調和を考えるのならいいですが、外資がきてやりたい放題ではかえってマイナスではないかと思います。
 

正義は勝つ必要があります

 投稿者:姓も名もある市民  投稿日:2018年10月18日(木)04時18分26秒
  正義は勝つ必要があります


「行政不信」を増長させ続ける
情報マネジメント課(文書管理課)及び
                 情報課犬塚課長の業務対応の不可解(その1)

市長宛て「書簡(=嘆願書)」の集配ルールを担当の「文書管理」担当者に質すと「封筒の裏表(コピー)」を確認後、「この書式なら原則秘書課に回送される」との説明がありました(詳細は本年10月9日付「正義は勝つ必要・・」投稿メール参照)。
しかし当該書簡(市長宛で環境創造局管理職の服務規律等コンプライアンス違背を告発する内容)は「秘書課」に届かず「行方不明」になりました。

この書簡(内容証明、配達証明付)が市役所に届いたのは5月21日(2018年)です。その日集配ルールに従い中央集配室で業務遂行した文書管理課集配担当者は3~4名とのこと(山田係長弁)。そこで先ず集配担当全員(9名)の氏名公表を要請しました。

しかし「総務局 行政・情報マネジメント課長 田中敦回答(6月18日付)で、「個人情報保護関連で開示不可」との回答がありました。しかし、素人(市民)判断としてこの「開示不可」は腑に落ちませんでした。

何か「訳アリ」の裏事情の存在が疑われました。その理由(裏事情の疑い)ですが、一つは「職員名簿は毎年開示され販売もされている」事実。及び「職員全員が「名札」をつける義務を有している」事実がある上での「非開示」回答だからです。

そこで個人情報保護関連管轄の市民局情報課に出向き直接確認をしています。すると「個人情報保護に当たらず、開示可」との回答が窓口対応に応じた3職員からなされました。

一方、マネジ山田係長、金川課長からは「開示の可否ルール」に関し「市民情報局」に問い合わせた結果の6月18日付回答(開示不可)との弁明がなされました。
同じ情報局の判断ですが、一方は「非開示」、他方は「開示可」など全く正反対の回答(判断)が示されたことになります。

山田係長と情報局のやり取りは次の内容との釈明が山田係長からなされました(情報局Hさん(平職員)=情報Hとする)。

 山田=文書管理担当職員の氏名に関し開示の可否を確認したいが。

 情報H=そちらの判断はどうなりますか。

 山田=開示不可ですが、改めて(金川課長と)検討します。

 情報H=それならこちらも同じ考え(開示不可)ですが、こちらも改めて確認後連絡します。
 ・・1時間後
 情報H=そちらはどうなりましたか。

 山田=開示不可です。

 情報H=こちらも同じです。

情報局(上司は犬塚課長)は、情報開示原則(規定されたルール)を示す部署。しかし、このやりとりは、原則に沿いルールを運用するスタンスになく、「マネジの結論(要望)ありき」で事が進んでいる疑いが濃厚と感じ、不信感が募ります。

その後市民局情報課Hさんは「開示不可」を取り消し「開示可」との判断をマネジ山田係長に伝えた、との弁明が犬塚課長よりありました。

そこで事実確認のため、6月18日以降、情報課に出向きHさんから直接山田係長とのやりとり経緯を確認しようとすると、犬塚課長自身が同職員との「面談要請は、お断り」の強硬な態度を崩さず、すでに4か月を経、現在に至るなど理解に苦しむ状況があります。

この犬塚課長の面談拒否理由の不可解さは、世の常識では有り得ない異常とも思える内容で苦慮しています。

この犬塚対応は次の横浜市職員行動基準にも違背するなど問題行動と言えます。
すなわち、

【1 私たちは、市民・社会の要請を実現するため行動します。】
(2) 法令やルールを守るだけではなく、市民・社会の求めるものにこたえるため、法令や  ルール   の点検・見直し・制定に取り組みます。

【2 私たちは、市民から信頼されるよう誠実・公正に行動します】
 (2) 積極的に情報を開示するなど、行政の透明性を確保し、説明責任を果たします。

と明記されていますが、犬塚課長は、このルールを踏みにじるなど、理解し難い言動に及んでいます。
「事実隠し」「部局間のなれ合い」等「正されるべき」所作(服務規律違背等)が疑われるのです。これらマネジ、情報課の不可解な対応により一層行政に対する不信感が募るなど、市長施策の「営業マインド」に合致せず、逆に踏みにじる所作と感じ、憤りを覚えます。

マネジの要請に応えるための回答を提示したことが疑われているのです。「事実隠しはない」などと弁明する犬塚課長対応と、
  情報Hさんとの面談を拒み続ける同課長の対応は、「不可解さ」を増長させるもの。

これら事実関係の確認さえ阻むなど「常識はずれ」の対応は、

行政に対する不信感を通り越し、「犯罪的匂い」すら感じる所業で遺憾と言わざる得えない深刻さを伴っていると感じます。

この現状をコンプライアンス推進課にその旨伝え、解決を図っている最中ですが・・。
さて、その後は・・・・・(つづく)




 

東京都も隠蔽体質に

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月17日(水)22時32分3秒
  カジノに前向きな石原前都知事は2002年10月に都庁でカジノイベントを開いた。この時、岩屋議員、平沢議員も出席した。
「イメージを持ちえないまま嫌いだとか、反対だとかいう方がいるが、カジノは新しい雇用、文化、財源確保の格好の材料と思う。日本に一つの文化として定着させる努力をしたい」と石原前都知事はのべた。
カジノ解禁には幅広い都民から「青少年に悪影響をおよぼす」と反対の声があがり、主婦連合会や日本消費者連盟などもカジノ推進をやめるよう都に要請した。
都庁にいる職員はこのことご存知ですね。で、なんで小池都知事に対し「都民が反対します。やめましょう」と言わないのですか?これは港湾局がやっていることだから?東京都の未来に関係することなんですよ。なんで小池都知事に進言する人が誰もいないのか、都民ファーストはどこへいったのでしょう。
9月26日、東京新聞が都が都内にカジノIRが立地した場合の影響について調査に乗り出すと記事にしています。これ、都民にちゃんと周知徹底していますか?ブラックボックスではない目に見える都政と違いますね。
カジノではなくIRですは言い訳です。カジノはカジノです。青少年に悪影響を及ぼします。優秀な学生が全国から集まってくる東京都がやることですか?高い税金を払っている都民をカジノのカモにする気ですか?せっかく、東京に来てくれた人のお金をカジノに使わせますか?カジノ中毒になれば家族も不幸になります。
シンガポールは淡路島ほどの小さな島でもともと規制が厳しくてクリーンな国だからクリーンなカジノができました。東京、横浜など、人口の多いところで規制などできません。東京も危険な場所がいくつかあるでしょう。治安が悪化します。
早く都民に公表してください。大反対にあいますよ。

 

資源循環局戸塚事務所の脅迫職員「I」について②

 投稿者:必殺仕事人  投稿日:2018年10月17日(水)20時26分14秒
  資源循環局戸塚事務所の脅迫職員「I」について

シングルファーザーならば、他職員の生末なんぞ塵芥の如く扱って許されるのか?
シングルファーザーが尊く、その他は死のうが生きようが関係ないのか?

新人を心療内科の患者として作り上げ、尚且つそれを潰そうとしても許されるのか?

病気休養者に退職を強要しても、「強要罪」に問われないとでも思っているのか?

所属在職年数が多いから他所属からきた職員を貶めて許されるのか?

プライベートを盾にして朝礼で「コロス、コロス」と発狂しても許されるのか?

局内人事異動の選考時期にだけ大人しくしていれば異動を免れるとでも思っているのか?

特段の理由もなく頭に来たからと同僚を恫喝して許されるのか?

 

新生I警備長、率いる警備班。早、座礁か?

 投稿者:警備通  投稿日:2018年10月17日(水)20時15分49秒
  ここの掲示板は面白いねぇ。

関係者に知り合いがいるんだけど、そいつが言うには「まどろっこしいこと書いてるなぁ。俺が投稿したら、警備班なんか間違いなく、ぶっ飛ぶ」と言ってたな。

俺も有名な話しを聞いたこと有るけど、何でも前にいた、すぎや何とか、あぁ、名前ダメなのか。

前任S統括幹って言うのが、飲み会の時に前任Y管理課長に、「俺は市長と直に話せるのだ。いいか。お前など飛ばすのは簡単なんだぞ。だから俺とI班長の言うことには逆らうな」

「俺は市長と対等に話せるのだ。解ったか。こいつ(I班長)だって好きな時に話せんだよ。お前よりな。解ったか。」って大きな声で喋ってたってさ笑

周りに職員が一杯いるのに、丸聞こえだよ、笑える。

しかし、飲み会で普通、言うか?こういうこと。
脅しじゃん。

んで、傍に居たI班長は黙ってニヤニヤしながら、聞いてたっつーんだから。
同罪なんじゃない。

それ以降、Y課長はブルっちゃって、I班長の使い走りだってさ。笑える。

当時の状況証拠は沢山あるらしいから間違いないよ。

こういうのって世間では、虎の威を借る狐って言うんじゃないの。

しかし、もっと凄いのは・・・
余り、俺が言うのも変だし 笑

みんなも、知ってること一杯有るんじゃないの?書いちゃえば? 笑

まあ楽しみに、しててよ。

俺の周りは、みんな誰が書いてんだ?って、ことばかり言ってるけど、大事なのは書かれてる内容が本当か?嘘か?なんじゃ無いの?

この掲示板は市の係長以上は殆ど、見てるって聞いたけど。スゲーなー。

秘書課も見てんだよね?
例えば、この内容だって市長は知ってんの?

後で、具体的な内容を書かれた時に「実は前に書かれてましたー」って、市長に報告すんの?

流石の市長だって、怒るんじゃね? 市長の耳に入れなくていいの?

責任は管理課長が取んの?総務局長?秘書課長?担当秘書?

まぁ、誰が取るのかも楽しみだわな。笑

んじゃ、又来ます。

大田先生。お邪魔しました。この前のスピーチ。良かったよー。

大田先生は、歯切れが良いよなー。聞いてて、気持ちいいよ。
頑張ってくださいな。
 

資源循環局戸塚事務所の脅迫職員「I」について

 投稿者:必殺仕事人  投稿日:2018年10月17日(水)19時48分9秒
  資源循環局戸塚事務所の脅迫職員「I」について

各出先機関で行われる通常の朝の光景の朝礼の最中、同じテーブルに座席を構える年齢も職歴も上の人間が、新人職員が同列に並んでいることを鑑みずにイキナリ狂ったように「コロシテやる、ブッコロシテやる」などと再三再四吠えまくられ、心療内科の御世話になるような状態にさせられた経緯があります。

心療内科の通院患者にさせられただけでは飽き足らず、「病気休養者は在籍していて稼働していない害悪な存在だ」とばかりに、「病休開けに出勤してきたら潰してやる」などと人の道に反れたような主張を展開し、さも当該出先機関の影の帝王の如く勘違いして振舞っています。

こんな輩が、局内外の異動者や新規採用者にたいしてハラスメントの限りを尽くす最も害悪な存在であり、最も不必要な存在である。

在籍している所属監督者も本庁職員課も、対処の仕方に難儀して持て余し、指を咥えているような現状です。

プライベートで大変な事があれば、八つ当たりのような形で他の職員に対してハラスメントの限りを尽くしても許されるのか? プライベートと公の職場は別なものではないのか?

「脅迫罪」や「強要罪」という言葉自体知らないようだが、それら二つとも刑法犯罪であり犯行が立証されれば十分に禁固刑に処されるものである。

また禁固刑に処されたものは地方公務員法の規定で、即「失職」となる旨規定されている。

要するに「首」という事。

そんなに世知辛い昨今において、シングルファーザーとしてやっていながら、現状の職を自ら失いたいのなら、どうぞこのままハラスメントの帝王として資源循環局戸塚事務所で基地外の如く吠えまくっていて下さい。
 

カジノはやくざのばくち違い、寺銭が横浜市に入るからよいのだと言ってはばからない市長

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2018年10月17日(水)17時50分30秒
  太田正孝議員の議会委員会委員会質問

http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6552

太田正孝議員の議会討論

http://www.yokohama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6532
 

いい加減な事業を展開する都市整備局と港湾局

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月17日(水)07時54分6秒
  10月15日付、神奈川新聞紙面でみなとみらい地区の大岡川河口の運河である、ポカリ桟橋と万葉の湯裏の公園に人道橋を設置記事が記載されてあるが、本来、国から誘致した時のコンセプトは、運行できる日本丸で誘致して、国の文化財に指定されているものが、檻に入れられた日本丸になり、係留場所から横浜港へ出れないにはおかしいし、今更、人道橋設置計画は、今更おかしいし、なぜ、議会承認が取れたのかも議会自体もおかしい。みなとみらい地区は50年以上前から計画があり、30年前はおおむね現況の埋め立てになった。全く、都市整備局と港湾局はいい加減である。  

横浜市はずるい

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月16日(火)22時50分40秒
  カジノIR誘致検討を含む中期4か年計画は10月4日、議員の起立賛成多数で可決されました。私は、このような結果になると思っていたので、インターネット中継は精神衛生上悪いので、リアルタイムでは見れませんでした。国会も同じですがあの多数決は一種の暴力だと私は受け止めています。横浜市会議員団は市民に暴力をふるっている。虐待は殴るけるだけでは、ありませんから。精神的虐待もあります。
すごく、ずるい。ものすごく、ずるい。カジノ誘致検討の是非を争うこともなく、中期4か年計画にこそっと入れて、それで採決して誘致検討を進めようだなんて。どこまで市民をバカにするんですか?この姿勢を改めるためには、市長交代以外はないと思います。
 

カジノIR誘致 市民は全く蚊帳の外

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月16日(火)21時22分52秒
  東京都でカジノIR誘致検討を進めているのは港湾局です。東京は2014年6月以降、4回の海外事例報告書を公開しています。(税金、いくら使っています?)
横浜市も同じですがまず都民の声を聞くべきではありませんか?都民にはなにも知らせず候補地の築地を移設、解体までするなんて卑怯すぎ。
「メリット、デメリットをしっかり検討していく」と言いますが、東京都のど真ん中でやるデメリットなんて計り知れません。絶対に反対にあいますよ。横浜市も8割は反対です。カジノではなく「日本型IR」なんて通用しません。早く公表してください。何を考えているんだと非難が殺到します。ほんとうに政府がなにを考えているのか、さっぱりわかりません。
 

政府は信じられません

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月15日(月)21時57分25秒
  政府がカジノIRについておかしなことを言い始めました。どなたかなんとかしてください。

政府はカジノといわず「日本型IR」と言っていますが、ちゃんとカジノと言ってください。政府がやりたいのはカジノでしょう?それが長年の悲願だったのでしょう?オリンピックに合わせてお台場でやろうと思ったら海外カジノ事業者が一兆円の投資をしてくれるという夢のような話に飛びついて、2013年ごろから計画は2転、3転。小池都知事が今から築地跡地にカジノIR誘致なんて実に無謀、身勝手な考えですが、やる気なんでしょう?ちゃんと都民に言ってください。777万円の税金を使っておいて検討中ですからはないでしょう。

大雨災害よりカジノを優先させた石井国交相が「依存症など弊害防止対策に万全を期す」「できる限り早期に効果を発現させるため、所要の準備作業を速やかに進める」と言っています。ハマ弁のように「目標は達成できないけど、税金は使ってやる」と言われているようで怖いです。
15、16日は東京ビックサイトにて「レジャー&サービス産業展」が開催されています。ここでカジノIRを異常なまでに持ち上げています。カジノIRはこれまでにない観光リゾート拠点になる。カジノIRはレジャーマーケット全体の活性化につながり、量と質の両方でインパクト。富裕層の市場開拓の起爆剤(カジノが)
もう、狂っているとしか言いようのない言葉の数々。カジノでしょ?と言っているのに、日本型IRだ。日本はすでに観光立国です。政府はどうしてもカジノをやりたい。どうにかしてください。
 

市民をだますことはやめてください

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月15日(月)21時20分15秒
  横浜市がカジノIR誘致検討を進めているということで、このまえの情報提供依頼は公募ですね。ちゃんと情報提供ではなく公募と言ってください。だから市長が言っていることは嘘ばっかり。市の職員も市民に嘘を言って、そうやって市民をだましてことを進めていくのはやめてください。
選定作業に入るところですが、ラスベガスサンズですよね?他に考えられません。
そんなことをやっていると海外からも苦情がはいります。海外相手に変な言い訳しないでください。恥ずかしい。
市民はギャンブル依存症と治安の悪化を心配しているという認識になっていますが、もう政府にも横浜市にもこの心配を解消する力はないと思っています。誘致には反対です。心配ではなく反対です。今後、ちゃんと反対と言ってください。
もうなにがあってもこの反対のスタンスは変わりません。誘致検討は即刻やめてください。嘘つき市長は退任してください。
 

選挙は無効

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月15日(月)02時24分47秒
  林市長は2014年の1月からカジノIR誘致を表明していました。これはカジノ推進派の菅官房長官の後ろ盾があってのことです。2015年には政府が大阪と横浜が候補地と言っていました。すでに予算をたくさん使っています。視察、調査、総額いくらですか?5000万円くらい?相手業者との癒着も疑われます。
今回、林市長はカジノIRは誘致すると、白紙だなんだと言って横浜市民を惑わせましたが、結局、元のさやにもどりました。(小池都知事も結局、豊洲。安全かどうか疑わしい、築地市場跡地にカジノIRを誘致したいためか?777万円でIR調査を4大監査法人に依頼した)
この間に市長選挙がありました。他候補はカジノ反対を打ち出していました。カジノは市長選挙の争点でした。林市長は勝ちましたが全体の52.5%、圧勝とは言えません。これで正直にカジノについては検討中。自公民進一部推薦。菅官房長官との手を取り合う写真が選挙中にあれば、どれくらいこの票数が減っていたか。これは、今問題になっている選挙の争点隠しを通りこして詐欺です。選挙は無効です。速やかにおやめください。セクハラ疑惑でやめられた市長もいます。なんで林市長はやめないのでしょう?
 

市長、知事の権限

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月13日(土)08時58分15秒
  カジノIR誘致。市長と市議会の了承を得ればそれでいいというのはやめてほしいです。もう市長も市議会も中期4か年計画を通してしまったので、いえいえ誘致決定はまだ先ですなんて、そんなの騙されません。
特に安倍政権になってから選挙結果がおかしいとあちこちで訴訟がおきています。大阪、北海道、新潟。菅官房長官のいう通り、選挙結果がすべてで、その選挙に政府がかかわって不正が行われていたとすれば、大問題です。特に原発のある自治体が狙われている。築地市場、豊洲移転も小池都知事が安全宣言を出せばそれでいいなんておかしい。今まで小池都知事がやってきたことに対し、安全宣言でふたをしたようで、本当に安全なのか非常に疑わしい。豊洲市場は違法建築です。こんないい加減に豊洲に移転して、挙句に築地市場の跡地にカジノIR誘致を検討。築地卸売市場がなくなってしまえば、日本の食文化に影響を与えます。政府は仲卸業者をなくして、もっとグローバルな市場を目指しているそうです。それもアメリカのためですか?またアメリカ優先で日本の築地はどうなってもいいと。こんな愚かなことは許せません。
 

定例会の時間は有意義に使って下さい。

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月13日(土)04時46分7秒
  横浜市  平成29年第4回定例会  12月05日-16号

上記、定例会で高橋議員が「全日本柔道形競技大会の五の形で準優勝で6段になりました。
このような陰の努力は、新市庁舎ではますます活躍の場が広がってくるのではないかと思います。」
また、市長答弁は「いつも警備で大活躍されている市川さんの準優勝、6段昇進というのは私もまことにめでたいことだと思います。」

両人が褒めたたえるので、I班長は、どんなに素晴らしい活躍を、しているのだろうと新聞記事を探しましたが活躍の記事が見当たりません。

何を活躍しているのでしょう。
掲示板を見ると失礼ながら、一般市民対応さえ出来ない御仁だと、投稿されていますが大丈夫なのでしょうか。

わたくしの知り合いの柔道高段者に全日本柔道形競技大会はどのような大会なのと、聞いたところ参加人数も少なく全国でも10~12組程の参加しかない小さい大会だと仰っていました。

全国で、たったの12組ですよ。

こんな小さい大会で準優勝した位で持ち上げすぎではないですか。

横浜市の職員は、オリンピック参加者もいるし、災害派遣で頑張っている職員もいます。
そのような職員を褒めるならまだしも、このような自分の趣味の柔道を遣っているだけの職員を褒めるとは。

警備に柔道が必須なのですか。警備の人は全員柔道を遣っているのですか。
このI班長は自分が好きで柔道を遣っているだけではないのですか。

ならば私の家内がママさんサッカーで全国大会に行くほうが余程ハードルが高いですよ。

市長たるもの、3万人近くの職員を抱えて頑張っているのは解りますが、このような自分の趣味で行っている人を正確に調べもせず褒めるのでは無くて、真に横浜市に貢献している人を例題に上げてください。
聞いている職員も呆れているはずです。
こんなレベルで話をしてくれるなら俺も、私もと思っていますよ。

わたくし達の税金を使った大事な定例会で、市民の代表者たる市会議員の前で、話しをする内容ではないですね。

わたくし達の大事な税金で運営している定例会で、くだらない話で時間を潰さないでください。

もっと有意義な事案を検討して頂きたいと思います。

市長に投票した私は少し、がっかりしました。

この発言をした高橋議員も我々は応援していたのですが、がっかりですね。
自身が柔道を遣っているからと言って身内びいきですか。

辞めて頂きたいですね。
議員の応援についても我々は少々、考える事にしましたよ。

市長、議員も共々に猛反省して頂きたいですな。

 

東京都でもカジノIR誘致

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月13日(土)00時33分55秒
  築地市場跡地はカジノIRになるのではないかと懸念する理由

石原元都知事時代からお台場でカジノをやろうという話があった。
オリンピックにあわせてカジノをやろう。
2014年、日本でカジノ解禁か?聞きつけた海外カジノ事業者がロビー活動開始。MGMリゾートなどが築地を視察。お台場と違って広い、アクセスがいい、候補地にしたい。
日本でカジノの権利を得られるなら一兆円の投資をしてもいい。
小池都知事は根っからのカジノ推進者。実はカジノIR誘致は小池さんの秘策だった。舛添前都知事はカジノには難色を示していた。
衆議院解散総選挙、希望の会が大負けし、求心力がすっかり弱くなった小池さんにとって、東京都でカジノをやろうは新たな求心力。
カジノ実施法案が通ったら豊洲市場の安全宣言(7月31日)
東京都でカジノをやった場合の調査を求める。10月10日から入札開始。また4大監査法人ですか。いくらで契約しますか。
豊洲市場は建築違法。
理由もよくわからず移転、解体。

そうか。東京でやるのか。ならいいやとはなりません。特に築地の跡地をカジノIR利用なんて、とんでもない。小池都知事はカジノIR誘致のために着々と準備を進めています。
 

民間救急隊の発足

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月12日(金)22時41分45秒
  太田正孝市議が、当局に提案していた民間救急車の運用実験が始まる
横浜市が太田議員提案を受けて、この実験を横浜から発信したかった!

<民間救急車>始動 北九州で来月、全国初の実証実験

 救急車の代替搬送手段として「民間救急車」の普及に向けた総務省消防庁の実証実験が、全国で初めて北九州市八幡東区・八幡西区で11、12月に実施される。民間救急車は国がタクシー業者などを認定する形で制度化されているが実験では救急救命士が同乗し、無料で実施する。緊急性の低い患者が119番するケースが全国的に問題となっていることが背景にあり、軽症者などを受け入れ、救急車の適正使用につなげる狙い。(毎日新聞)

正に行政側、他会派のミスである。

このような発案は一人会派でも、横浜市のことを思い、積極的に採用すべきである。

広い度量で大田市議の発案を採用することが今後、他会派に求められる。

横浜市の事を考を考えれば当たり前のことである。
 

横浜市会 ネット録画

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月12日(金)22時31分49秒
  横浜市会 インターネット中継録画

平成30年第3回定例会 10月4日 一般議案・請願の討論、採決など

〔反 対〕
 市第 20 号議案 横浜市中期4か年計画2018~2021の策定
 市第 23 号議案 横浜みどり税条例の一部改正
 市第 25 号議案 横浜市スポーツ施設条例の一部改正
 市第 54 号議案 平成30年度横浜市一般会計補正予算(第1号)


再生はこちらからクリック

  ↓

http://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6532

本当に大田市議の答弁は解りやすい。

大田市議の言う通り、ブロック塀は早急に直すべきである。

自民党、公明党、与党は何を躊躇しているのだ!!

 

旧民主党関係者の間で詐欺行為?

 投稿者:横浜市民  投稿日:2018年10月12日(金)20時27分32秒
  旧民主党の横粂勝仁・元衆議院議員について。
横粂氏は政界を退いた後、弁護士として活躍されているそうですが、何でも詐欺会社の肩を
もっているという噂があります。
何でもその会社、旧民主党関係者をターゲットに「仮想通貨」を売りつけているのだとか。

聞いた限りでは、綾瀬市選挙区・元神奈川県議会議員候補者や、元座間市議会議員の
後援会元幹部(共に旧民主党の関係者だそうです)がターゲットにさらされ、
植村弘治(うえむら・こうじ)という(おそらく本名ではないでしょうが)、
その詐欺会社の営業マンに「仮想通貨」取引をもちかけられ、断ったところ
脅迫されたという噂もあります。

あまりヘンなことを言うと名誉毀損だとか反撃されかねないところですが、
「横粂 レガロ 宮田 詐欺」というキーワードでググってみると、横粂氏が
弁護を担当している企業の名前が浮かび上がってきます。

立憲民主党としては、このような旧民主党関係者の人脈を通じて発生している
詐欺行為などについて、党として警告を発することができないのでしょうか・・・?

私も、個人的には立憲民主党を支持しているのですが、このような話を聞くと
「政治にはあまり関わりたくない」という気持ちも沸き起こってきます。
 

市民の敵・悪質~林市長・・いよいよカジノ横浜誘致にGO

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2018年10月12日(金)09時30分54秒
  ● 太田議員は、真っ向からカジノ横浜誘致に反対を表明している

林市長は、昨日の太田正孝議員の質問時、カジノ誘致の姿勢を鮮明にしました!
いよいよ、正念場です
林市長とその取り巻きは、横浜市民を不幸にし、家庭を崩壊させるカジノにつき、
そうした事態になったら「カジノ依存症の市民は病院に入れて治療する」と明言しました・
市民を幸福にしなければならない市長が、カジノ依存症を生じるばくちを横浜市に導入して
そうしたカジノ依存症の患者は病院に入れて治療すればよいのだと言ったのです。

由々しき事態です

市民が不幸になることがわかりきっているのに、横浜市にお金が入るのだから、暴力団の賭博と
横浜がやろうとするカジノ賭博は違う!とも言いました‥
金が市に入るから賭博はよいのだと!
市民から賭博で吸い上げた金のごく一部でも横浜市に、いわば寺銭として入るのだから、カジノ賭博が
良いのだというこの林市長は、市民の敵であり、悪銭の亡者・希代の悪質市長です

市民の皆様!市民を不幸にし、市民の幸せな家庭を破壊する賭博行為を横浜でやろうとする林市長を
この横浜から駆除しなければなりません

皆さん!
市民の敵!林文子を、市長の座から引きずり降ろさないと、市民は必ず不幸になります
 

カジノIR誘致 政府の見解

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月12日(金)09時23分52秒
  10月10日の水曜日に米調査報道専門ニュースサイト「プロパブリカ」が大統領が自分の献金者の個人的なビジネスの利益を安倍総理に求めることは規範に反する異例な行為と指摘した。
この指摘に対し、なぜかIRジャパンが「選定への影響は乏しい」との見解を示した。話がつながっていません。だから、この指摘を無視してこのままカジノIR誘致を政府は続けるのでしょうか?IRジャパンは単なる情報発信の場であると私は認識しています。政府は「選定への影響は乏しい」からこのまま続けることに問題はないとそういうことでいいですか?
それはないと思います。では、横浜市は選定しない。ラスベガスサンズにはしないということでよろしいでしょうか?政府の見解をお願いします。
与党国会議員は国民が「日本人の懐を狙って得た利益を外資にもっていかれる」と反発している。信頼関係をつくらないと上手くできないと海外IR事業者に進言しています。
では、横浜市は選定しないということで、よろしいですね。

築地市場が閉鎖になりましたが、跡地利用はどうされますか?解体する前に決めてください。まさか築地市場の跡地はカジノIRなんてことはありませんよね。そんなことしたら国民は怒りますよ。小池都知事。跡地利用をどうするか発表してから解体してください。築地もどうせ豊洲に移転することになるなら、小池都知事が今までやってきたことはなんだったの?ひっかきまわして結局、豊洲は東京都知事としてふさわしくないと思います。市民に迷惑をかけてばかりの横浜市に似ています。
 

太田議員が横浜市消防局に提案していた民間救急隊の発足

 投稿者:横浜自由倶楽部  投稿日:2018年10月12日(金)09時03分41秒
  太田正孝市議が、当局に提案していた民間救急車の運用実験が始まる
横浜市が太田議員提案を受けて、この実験を横浜から発信したかった!

<民間救急車>始動 北九州で来月、全国初の実証実験

 救急車の代替搬送手段として「民間救急車」の普及に向けた総務省消防庁の実証実験が、全国で初めて北九州市八幡東区・八幡西区で11、12月に実施される。民間救急車は国がタクシー業者などを認定する形で制度化されているが実験では救急救命士が同乗し、無料で実施する。緊急性の低い患者が119番するケースが全国的に問題となっていることが背景にあり、軽症者などを受け入れ、救急車の適正使用につなげる狙い。(毎日新聞)
 

バス停の在り方・存在観の認識

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月12日(金)07時55分18秒
  8月末に、西区内でのバス停の在り方での悲しい交通事故が発生して、バス停等の在り方がクローズアップされているが、だれが悪いと言えば、横浜市行政の縦割り組織の弊害が死亡事故になったと言っても過言ではない。

バス停の道路上設置につて、横浜市部署の問題意識が多く違っているのが問題である。
道路局の仕組み制度が曖昧で、バス停の道路占用ルールが曖昧で、昭和の高度成長の時代から基本的なルールは変化されず、大きなバスが停車するのに、バス停のポールだけの道路占用申請で許可が与えられ、基本は初期の申請届だけバス停設置の見取り図・配置図が添付書類で出されるが、5年ごとに更新時には、ただはがき等での更新手続きであり、数(更新バス停)が多い時には、主たるバス停の住所とバス停名で他何十件で道路占用許可で済ませ、今回の西区での事故は、バス停の地域がバス停を設置時期と大きく変ぼうしているが、交通事業者である交通局は、全く、着目せず今日に至ってる。
近年、設置されてある。広告付き屋根付きバス停も、横浜市内ルールで、建築局の建造物も許可を取り、歩道上を大きく占用して、未透視の悪い道路構造物で、歩行者及び軽車両が通行時に、バス停のバス待ち顧客の確認が出ていない。今回の事故でバス停の全体の在り方も改善すべきである。
 

カジノIR トランプ氏の関与

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月12日(金)02時22分17秒
  カジノは刑法で禁じられています。つまりIRの中でなければ警察につかまります。それなのに、IRの中でならどうしていいのか。政府の説明では納得いきません。

アメリカのニュースサイトで去年の2月に安倍総理がトランプ氏から「ラスベガス・サンズ」をよろしくと言われた。アデルソン会長はトランプ氏の最大の資金援助者でもあるので、会談で支援者の利益に直接結びつく話を持ち出すのは外交儀礼に反すると報じられた。日本でのカジノ参入は生き残りをかけた競争と言われているので、不透明な決定をすれば、後々やっかいなことになるのではと思っている。

安倍総理は6月1日、衆院内閣委員会 共産党 塩川議員とのやりとり
塩川議員「去年の2月10日の日米首脳会談でトランプ氏は日本が取り組むIR推進整備法案を歓迎した上で、ラスベガス・サンズ、MGMリゾートなどの娯楽企業を列挙した。政府関係者によると安倍総理は側近に企業名のメモをとらせた。この日本経済新聞の記事は本当ですか?」
安倍総理「そんな事実は全くいっさいなかったと申し上げておきます」
ということは、この答弁は嘘ですか?
 

横浜市会 インターネット中継録画

 投稿者:岡村住民  投稿日:2018年10月11日(木)10時29分34秒
  横浜市会 インターネット中継録画

平成30年第3回定例会 10月4日 一般議案・請願の討論、採決など

〔反 対〕
 市第 20 号議案 横浜市中期4か年計画2018~2021の策定
 市第 23 号議案 横浜みどり税条例の一部改正
 市第 25 号議案 横浜市スポーツ施設条例の一部改正
 市第 54 号議案 平成30年度横浜市一般会計補正予算(第1号)


再生はこちらからクリック

  ↓

http://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=6532
 

人事資料の私的流用

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月11日(木)05時43分25秒
  総務局や資源循環局の人事部のセクションは職員の個人情報を私的に利用し、職場や通勤経路はたまた家族とのプライベートの場にまで踏み込んでくるようなストーカー行為を行っている。
 

新たな都市活力推進特別委員会

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月11日(木)01時29分56秒
  今後の横浜市会の肝として「新たな都市活力推進特別委員会」があると思っています。担当は政策局ですし。この委員会のメンバーが林市長の応援団なので意味がありません。こういう委員会をたちあげるのやめてください。真の目的はなんなのか、バレバレです。
新たな都市活力ですから当然カジノIRの話が出てくると思いますがこれでは全く期待できませんよ、林市長。他にMM21地区や関内周辺の都市づくりの話もありますが、これでは審議はできません。
答えてもらっていませんが、文教センター跡地が関東学院になることについては、今からでも契約をといてほしいと思っています。今年の3月ころから言っています。無視されています。
横浜市大になぜか関東初のデータサイエンス学部ができたことからも、政府と大学の不透明な関係がある。とくに補助金に対して。加計学園もそう。なぜ京都産業大学ではいけなかったのか?こういう政府と学園の癒着は学校の質の低下を招く。少子化から政府と癒着する大学が生き残り昔からある大学が経営難に陥っている。薬科大学は危機的状況です。
横浜市や有識者が関東学院大学がよかったといってもなにがいいのか理解ができない。小泉進次郎氏の母校だからが理由?こんな立派なビルを建てて関東学院大学は経営難にならないのか?学費はあがらないのか?産学一体ということは横浜市は関東学院大学とともに発展するということで、私は発展は望めないと思っているので、やめてください。もうほんと、横浜市を壊してばっかりです。
 

警備を巡る人事の不可解

 投稿者:職員  投稿日:2018年10月10日(水)21時23分45秒
  警備は調べたら横浜市には有りません.
総務局の中に守衛が有り、守衛長がいて警備は仕事内容の一つでした。少ない人数の中で長が二人。可笑しいですね。では、警備長はいつ出来たか?調べたら去年ですね。初代警備長はMさん 昨今、話題のI警備長は二代目です。

初代のM警備長は1年で他に移っています。何故でしょう?関係部局を少し調べましたら何のミスもしていないのに一年で移動。
何のミスもしていない初代警備長が一年で移動なら、一般市民対応もまともに出来ない現警備長も、来年は移動しなければならないのではないでしょうか?

この、守衛職場は調べれば、調べるほど不可解です。
まず、現守衛長の前のN守衛長は2年で辞めています。
M警備長は1年で移動。再任用の配置ですから、通常は5年満期。何のミスもしていないのに1年移動は考えられません。
そして、I警備長(前は班長)の昇格。職員を係長級に上げるには課長推薦が有ります。しかし、推薦したはずの当時のY課長は管理課長から他局の担当課長に降格人事です。I班長を警備長に推薦しながら、自身は降格人事?有りえませんね。降格されるような人が推薦した人物は通常、警備長には成りません。と、言うことは課長以上の力が働いた。部長?局長?まさかTOP?

ここで、面白い事案を発見しました。前統括幹のSさん。県警から来た天下り嘱託のようです。通常は5年任期です。しかし調べたら何と、6年努めています。5年任期が終了したら、普通はアルバイト扱いです。しかし、S前統括幹は統括幹のままです。
契約関係の書類を変更しなければ出来ない人事です。

課長クラスが契約書まで変更して、外から来た人を延長するなど有りえません。
しかも、このSさん。すこぶる評判が悪い。居なくなってホットした。と、言う声は聞きますけど良い人だ。という声は皆無です。

このSさんとI警備長は非常に仲が良かったと言われています。

課長以上が延長を頼まなければ誰が頼んだのか?消去法です。
答えは出ています。しかし、通常はそんな力は持っていない人物です。
しかも、このSさん。辞めてからも頻繁に本庁舎に出入りしています。まあ、出入りは自由ですがw
しかし、市長の登庁前に必ず来ていたと。ピンポイントで来ていたと。
うーむ。
何の目的で?

尻切れトンボですみません。再調査します。
追伸
守衛は警備班7名。守衛グループ?7名(班長いないのでグル―プw これも良く解りませんw)計14名プラス守衛長、警備長二名で計16名体制らしいです。
腕章つけてインホメーション近くで大声を上げ笑いあい、ダンスを踊っていたのが警備班らしいです。(警備長、課長の指導は無いのですかね?幸田副局長、しっかりしてくださいよ。)

警備の例の「警察呼びますよ。」と、市民に暴言を吐いたI警備員とF警備員。この二人も問題児みたいですね。ちょっと、ヤバい情報も入っています。
次回、報告します。
 

公務員採用

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月10日(水)09時27分22秒
  横浜市会をネット中継で見ていると市の職員(幹部、女性)にも問題があると思う。公務員の7割がコネ採用という話もある(横浜市がではなく、一般的に)横浜市の教員採用も大学推薦の枠があったり、面接の点数がゼロ点だったとか、出来レースを疑う。去年は山梨県で不正採用が発覚した。これは氷山の一角ではないか。
横浜市は市長が女性だから、市の幹部も女性を多くして、見本になろうとしている向きがある。(もう横浜市が考えていることはバレバレ)しかし数値を設定してそれを無理やり達成しようとすると、どこかにひずみが生じる。今の政権与党は女性蔑視。まずセクハラをやめることから始めたらどうか。今は議員の不倫が騒がれているが、昭和の時代は外に女の人がいるのは議員にとっては当たり前だったように思います。
 

利権優先の横浜市

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月10日(水)08時11分9秒
  カジノIR誘致。横浜市の経済活性化なんて後付け。外資が一兆円も投資してくれる。目的はそれじゃないですか?カジノIRが成長戦略。寝ぼけたこと言っていないで、ちゃんちゃらおかしい。

シンガポールはもともと資源、観光に乏しい国でした。日本はすでに観光立国。カジノの上客、中国の富裕層は今はカンボジアのカジノにいっています。日本にはきません。お金と利権に目がくらんで横浜市はカジノを始めようとしている。そんな愚かなこと、なにがあっても許せません。反対です。市民にとっていいことはなにもない。カジノIRができれば横浜に長期滞在してくれるようになる。ありえません。それは南の島のリゾート地の話です。横浜市にはすでにみなとみらいがあります。
MM21地区計画、災害対策、新市庁舎、関内あらたなにぎわい、水辺のにぎわい、新たな乗り物連接バス、Y150、花博誘致、保育園待機児童減、ハマ弁、ひきこもり、学校の先生の多忙、いじめ、発達障害支援。的はずれなことばかりやっていて問題は一向に改善しない。横浜市がカジノ誘致だなんて、市民にとって迷惑なだけ。やめてください。
 

世界のカジノ事情

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月10日(水)01時14分49秒
  世界のカジノ事情。規制の厳しくなったマカオに代わり、カンボジアでせっせと中国富裕層の獲得を行っています。首都プノンペンではナガワールドが2008年からあったが、ナガワールド2,3を作りカジノにより著しい発展の予感がある。海外から多くの資金が流入し中国人投資家がやってきて帰りにカジノで大きく遊んでいく。安定した収益をえている。しかし、世界腐敗度ランキングでは150位あたり、貧富の差が激しく、選挙も不正により与党圧勝で終わってしまう。首都プノンペンのナガワールドは70年間のカジノ運営ライセンスを保有している。

日本はシンガポールでもカンボジアでもない。なのに成功例を出してこのように上手くいくとは、市民をバカにしている。アデルソン氏は日本人の懐を狙っている。市民にとっては百害あって一利なしです。
 

新設大学、新設学部

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月 9日(火)04時27分43秒
  少子高齢化、大学全入時代に新設大学、新設学部の偏差値が低い。特に薬学部は国家資格がとれる安定した人気のためか46から74にふえた。加計学園系列の千葉科学大学にも薬学部がある。
国家試験合格率は操作されているので卒業率をみると、ことは深刻だ。ストレートで卒業する人が50%以下の大学が16校。文科省もわかっていて指導をしているが、そもそも開設許可を出したのが間違いだと思う。政府は医療を甘くみている。医療も保育も経営重視だ。
ところでワースト3位が同じ系列だが、第二の加計学園か?横浜市も戸塚区にある。平成18年開学。口コミではいいことしか書いてありません。とにかく、この卒業率の低さは大学任せではどうにもならない。知らずに入学してくる子がかわいそう。最後の国家試験は全大学同じ。こんなに偏差値に差があっては下位の大学の合格率が低くなることは容易に想像できる。今の政府は何よりも利権が大事ですか?
 

選挙に勝つために嘘をつく

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月 9日(火)02時57分36秒
  カジノIRジャパンのHPから林市長の動向について
2016年11月 トランプ氏アメリカ大統領就任。安倍総理、たった2週間でたいした審議もしないでカジノIR推進法を通す。
これを受け林市長は
12月9日市議会にて、
「横浜市の持続的な発展のために必要」
「横浜でやるなら規制をしっかりする」
「IRはカジノ施設が付属しているということが非常に重要」
7日の記者会見
「都心臨海部の活性化や観光などに大変有効な手段」
「カジノ法案が成立すれば具体的にどう進めていくかスタートさせる」
林市長はしっかり検討からカジノ推進法を受け明らかな推進スタートへ

翌年、1月
11日 長島一由氏が無所属で出馬を表明(元逗子市長、元衆議院議員)カジノ反対。林市長は市長選挙出馬も迷っている。
7月選挙前 林市長「カジノは白紙」選挙中はカジノのカの字も言わない。
選挙勝利、菅官房長官と手を取り合う。
菅官房長官「市民の関心は街づくり全般だ」「カジノはIRのほんの一部。だから私はいいと思う」(カジノ誘致賛成)「(林市長がカジノは白紙と言ったことには)国の動向をみたいということなのだろう」
随分と市民感情とかけ離れています。林市長は選挙前、選挙中、選挙後ずっとカジノIR誘致がしたかった。菅官房長官も。これでカジノ白紙は選挙に勝ちたいために言った。市民の誰もがそう思います。

 

正義は勝つ必要があります

 投稿者:姓も名もある市民  投稿日:2018年10月 9日(火)01時33分48秒
  職員の保身(出世欲)を餌に巨悪が
          善良な部下を操っていませんか。

秘書課奥津課長殿

掲示板の本年9月30日付において「教えて下さい」と題した市民からの投稿に対し、10月1日付で
「警備は不用民間で」などとする内容が「職員」投稿でありました。
その文面の中に
 「では、警備長はいつ出来たか?調べたら去年ですね。初代警備長はMさん 昨今、話題の市川警備長は二代目です。
初代のM警備長は1年で他に移っています。何故でしょう?」
等のコメントに関し意見があります。
 市川警備長の対応を一市民として目の当たりに
観察していると、「公務員としての確たる職業観(ポリシー)もなく、上司の命令には何の
 疑問も持たず無自覚に受け入れ、生き生きと忠実に頑張る」
だけの「人物」と感じます。
どうも考えるに
「出世」を餌に彼を裏で操る「巨悪=上級管理職」の姿が匂います。
「初代のM警備長は1年で他に移っています。何故でしょう?
関係部局を少し調べましたら何のミスもしていないのに一年で移動。」との
 経緯も権力側(市民優先でなくわが身可愛等、出世欲を伴う保身優先の管理職)の采配が疑われます。
上級管理職は「権力側」と理解できます。その基準ですが「彼ら(管理職)」は
「労働組合」に加入できない「立ち位置=権力側」だからです。
  財政緊縮に関わり
「警備を民間委託に」などとする意見に
関し「システム変更にあたりどのような段取りが求められますか」との市民からの
「質問」がありました。この質問に、「職員」を名乗る人物から
「「人事部」です。しかし、やらない?出来ない?この辺に、きな臭い匂いがしますね。」との
コメントがありました。
このコメントにある「きな臭さ」は、保身に憂き身をやつす「管理職」の
 存在とその采配に無条件に従う「イエスマン」の存在が疑われます。
当方が抱える事案との関連で言えば、「行政」の「業務運営上」の「不可解な対応」に関し
事実経過を明確にし「真実」を
 解明しようとすればするほど「情報共有」の名のもとに
「部署を超えて」、「真実を糊塗」するため、部下を利用し
総力を挙げたつじつまを合わせ、のため「ねつ造」「脚色」「隠蔽」が疑われる所作が露顕していて
「行政に対する不信感」が募ります。
具体的には、市長宛てに出した「嘆願書」は、環境創造局管理職の対応等に「服務規律」「コンプライアンス」
違背を市長に訴える、いわば「告発状」に相当する内容です。
この市長宛て嘆願書の
 取り扱い業務に関し、情報マネジメント課の集配担当責任者(3年目の結城係長、
加納職員、経験豊富なベテラン山本職員、)に
質すと、「裏表の書式(コピー)」を確認すると、
(誤配等なければ)「原則秘書課に届く」との説明を受けています。
昨年度秘書課の「係長」を務め本年金沢区に異動したM氏に市長宛て書簡の取り扱いを
直接出向き聞いていますが、「秘書課」に届いた書簡等の取り扱いに関しては色々あるようですが、
ルールに関しては同じような説明(「原則」)を受けています。
ところで
当方の市長宛て書簡(内容証明付「嘆願書」)は配達証明によれば、本年5月21日に市役所に届いています。
ところがこの「書簡」が「原則」通り「秘書課」に届かず「行方不明」になりました。
そこで、後日秘書課に
「5月21日の集配担当者氏名」を質すと当課職員も含め「奥津課長」はそのメールで
「記録なし、メモなし記憶なし」など
凡そ能天気で無責任極まる回答をしてきました。
すなわち
 【 1.秘書課での文書集配について、過去の特定日の集配担当を確認できない運営体制
には問題があるのでは。」 との当方質問に対し奥津秘書課課長回答は

先日ご説明しましたとおり、秘書課では7人の職員がローテーションにより、政策局
総務課で郵便物等を収受して秘書課に持ち帰り、課内の各担当あてに仕分けする作業
を行っています。職員のローテーションは、
当番の目印を1日ごとに順々に次の当番に渡していくこと
で回しており、
書面等での記録は残していないため、

過去にさかのぼって特定日の当番を確認できる体制にはしていません。


杜撰ではないかとのご指摘をいただきましたが、郵便物等の文書は、
秘書課で「組織として」お預かりし、問題なく処理しています」
との言い訳です。
前述した情報マネジ文書集配担当者3名が「原則秘書課に届く」と説明したルールに対し
同席した「秘書課」の集配担当横山職員も疑義を述べず「同調」した“ルール原則”です。
ところが実態は、5月21日配達された「市長宛書簡」は
原則とするルール通りになってなく行方不明になるなど「齟齬」が起こっているのです。
にも拘わらず、この奥津課長の能天気な回答(部下の、松本係長と横山氏はメモなし、記憶なしと
の回答は忖度故?実態は上司に言わされている感満載です)。この奥津回答(記録は残さない体制)が
業務遂行の世間常識からも「真実」を語っているとは到底も思えず、
ある、「疑念」「疑惑」が拭えません。市長の施策である「営業マインド」は
「市民と信頼関係を築く」ことがその趣旨です。
「疑念」を抱かせるなど、行政不信を増長させる所作は、
市長施策に相反します。
そのような回答をする奥津課長の業務姿勢は理解に苦しむものです。
「集配業務ローテーションの記録」に関し
「記録を残す体制無し」「故に後から担当者を確認するのは不可」
など「危機管理」の認識が欠落した、凡そ民間では有り得ない職務怠慢話を
平然と回答する姿勢は「市民を見下した」スタンスと感じ
    「お役所の常識」は「世間の非常識」の典型「ここに有り」です。
この奥津課長回答
(記録を残さない実務体制)は行政実務として有り得ず、
「証拠は何も残していません」など、悪名を流した近畿財務局官僚(佐川)と財務官僚の「虚偽答弁」
 を想起させる「こじつけた苦しい言い訳」同様、「秘書課」奥津課長回答の
「不可解」さに、
「行政不信」につながる、ある「疑惑」「疑念」を拭えません。
さらに
「原則」とした集配ルール通りになっていない「事実」経過に関し、
奥津課長は「郵便物等の文書は、秘書課で「組織として」お預かりし、問題なく処理しています」
と開き直る姿勢は「世間の常識」とはかけ離れたもので
「浮世離れ」にもほどがあるなど「傲慢不遜」ぶりは、度が過ぎます。
この奥津回答や所作は
「行政への不信感」を一層増長させるもの。
この所業は市長の施策を踏みにじり、
泥を塗る行為で、一市民として憤りを禁じえません。

付記
 上級管理職の中には、誠実、真摯に「市民の立場」たった業務対応ができる人物が
存在することを全面否定する
ものではありません しかし、今回の件で当方が関わっている部署は複数ありますが
 残念ながまだお目にかかっていません。










 

正義は勝つ必要があります

 投稿者:姓も名もある市民  投稿日:2018年10月 9日(火)01時14分37秒
 

 

職員の保身(出世欲)を餌に巨悪が

          善良な部下を操っていませんか。

秘書課奥津課長殿

 

掲示板の本年930日付において「教えてください」
        
と題した市民からの投稿に対し、101日付で

「警備は不用、民間で」などとする内容が「職員」投稿でありました。

その文面の中に

 「では、警備長はいつ出来たか?調べたら去年ですね。初代警備長はMさん 昨今、話題の市川警備長は二代目です。
初代のM警備長は1年で他に移っています。何故でしょう?」

                 等のコメントに関し意見があります。

 市川警備長の対応を一市民として目の当たりに

観察していると、「公務員としての確たる職業観(ポリシー)もなく、上司の命令には何の

 疑問も持たず無自覚に受け入れ、生き生きと忠実に頑張る」

         だけの「人物」と感じます。

どうも考えるに「出世」を餌に彼を裏で操る「巨悪=上級管理職」の姿が匂います。

前記「職員」の投稿では
初代のM警備長は1年で他に移っています。何故でしょう?
関係部局を少し調べましたら何のミスもしていないのに一年で移動。」との

 経緯も権力側(市民優先でなくわが身可愛等、出世欲を伴う保身優先の管理職)の采配が疑われます。

上級管理職は「権力側」と理解できます。その基準ですが「彼ら(管理職)」は

「労働組合」に加入できない「立ち位置=権力側」だからです。

  財政緊縮に関わり

「警備を民間委託に」などとする意見に

関し「システム変更にあたりどのような段取りが求められますか」との市民からの

「質問」がありました。この質問に、「職員」を名乗る人物から

「「人事部」です。しかし、やらない?出来ない?この辺に、きな臭い匂いがしますね。」との

コメントがありました。

このコメントにある「きな臭さ」は、保身に憂き身をやつす「管理職」の

 存在とその采配に無条件に従う「イエスマン」の存在が疑われます。

当方が抱える事案との関連で言えば、「行政」の「業務運営上」の「不可解な対応」に関し

事実経過を明確にし「真実」を

 解明しようとすればするほど「情報共有」の名のもとに

「部署を超えて」、「真実を糊塗」するため、部下を利用し

総力を挙げたつじつまを合わせ、のため「ねつ造」「脚色」「隠蔽」が疑われる所作が露顕していて

「行政に対する不信感」が募ります。

具体的には、市長宛てに出した「嘆願書」は、環境創造局管理職の対応等に「服務規律」「コンプライア
 ンス」
違背等を市長に訴える、いわば「告発状」に相当する内容です。

この市長宛て嘆願書の

 取り扱い業務に関し、情報マネジメント課の集配担当責任者(3年目の結城係長、

加納職員、経験豊富なベテラン山本職員)

に質しています。3職員は
 「嘆願書」封筒の(コピー)」を確認すると、

(誤配等なければ)「原則秘書課に届く」との説明を受けています。

昨年度秘書課の「係長」を務め本年金沢区に異動したM氏に市長宛て書簡の取り扱いを

直接出向き聞いていますが、「秘書課」に届いた書簡等の取り扱いに関しては色々あるようですが、

ルールに関しては同じような説明(「原則」)を受けています。

ところで

当方の市長宛て書簡(内容証明付「嘆願書」)は配達証明によれば、本年521日に市役所に届いています。

ところがこの「書簡」が「原則」通り「秘書課」に届かず「行方不明」になりました。

そこで、後日秘書課に

521日の集配担当者氏名」を質すと当課職員も含め「奥津課長」はそのメールで

「記録なし、メモなし記憶なし」など

凡そ能天気で無責任極まる回答をしてきました。

すなわち

 【 1.秘書課での文書集配について、過去の特定日の集配担当を確認できない運営体制 には問題があるのでは。」 との当方質問に対し奥津秘書課課長回答は 先日ご説明しましたとおり、秘書課では7人の職員がローテーションにより、政策局 総務課で郵便物等を収受して秘書課に持ち帰り、課内の各担当あてに仕分けする作業 を行っています。職員のローテーションは、 当番の目印を1日ごとに順々に次の当番に渡していくこと で回しており、 書面等での記録は残していないため、過去にさかのぼって特定日の当 番を確認できる体制にはしていません。 杜撰ではないかとのご指摘をいただきましたが、郵便物等の文書は、          秘書課で「組織として」お預かりし、問題なく処理しています」 との言い訳です。 前述した情報マネジ文書集配担当者3名が「原則秘書課に届く」と説明したルールに対し 同席した「秘書課」の集配担当横山職員も疑義を述べず「同調」した“ルール原則”です。 ところが実態は、521日配達された「市長宛書簡」は 原則とするルール通りになってなく行方不明になるなど「齟齬」が起こっているのです。 にも拘わらず、
 この奥津課長の能天気な回答
(部下の、松本係長と横山氏はメモなし、記憶なしと
の回答は忖度故?実態は上司に言わされている感満載です)。
 この奥津回答(「記録は残さない体制」)が
業務遂行の世間常識からも「真実」を語っているとは到底も思えず、 ある、「疑念」「疑惑」が拭えません。市長の施策である「営業マインド」は 「市民と信頼関係を築く」ことがその趣旨です。 「疑念」を抱かせるなど、行政不信を増長させる所作は、 市長施策に相反します。 そのような回答をする奥津課長の業務姿勢は理解に苦しむものです。 「集配業務ローテーションの記録」に関し 「記録を残す体制無し」「故に後から担当者を確認するのは不可」 など「危機管理」の認識が欠落した、凡そ民間では有り得ない職務怠慢話を 平然と回答する姿勢は「市民を見下した」スタンスと感じ     「お役所の常識」は「世間の非常識」の典型「ここに有り」です。 この奥津課長回答 (記録を残さない実務体制)は行政実務として有り得ず、 「証拠は何も残していません」など、悪名を流した近畿財務局官僚(佐川)と財務官僚の「虚偽答弁」  を想起させる「こじつけた苦しい言い訳」同様、「秘書課」奥津課長回答の 「不可解」さに、 「行政不信」につながる、ある「疑惑」「疑念」を拭えません。 さらに 「原則」とした集配ルール通りになっていない「事実」経過に関し、 奥津課長は
 「郵便物等の文書は、秘書課で「組織
として」お預かりし、問題なく処理しています」
と開き直る姿勢は「世間の常識」とはかけ離れたもので 「浮世離れ」にもほどがあるなど「傲慢不遜」ぶりは、度が過ぎます。 この秘書課奥津回答や所作は 「行政への不信感」を一層増長させるもの。 この所業は市長の施策を踏みにじり、 泥を塗る行為で、一市民として憤りを禁じえません。
 付記
  「お役所優先」「お役所中心」など「自己(行政)本位」でなく
 市民の立場に「誠実」かつ「真摯」に立てるなど、
 「良識」ある「上級管理職」の存在を否定するものではありません。
 しかし、当方が関わっている
 各部署が複数あるなかに置いては、残念ながらまだお目にかかっていません。
         
 
 

定例会の時間は有意義に使って下さい。

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月 8日(月)20時42分52秒
  横浜市  平成29年第4回定例会  12月05日-16号
上記、定例会で、高橋議員が「全日本柔道形競技大会の五の形で準優勝で6段になりました。このような陰の努力は、新市庁舎ではますます活躍の場が広がってくるのではないかと思います。」
また、市長答弁は「いつも警備で大活躍されている市川さんの準優勝、6段昇進というのは私もまことにめでたいことだと思います。」

両人が褒めたたえるので、I班長は、どんなに素晴らしい活躍を、しているのだろうと新聞記事を探しましたが活躍の記事が見当たりません。
何を活躍しているのでしょう。掲示板を見ると失礼ながら、一般市民対応さえ出来ない御仁だと、投稿されていますが大丈夫なのでしょうか。
わたくしの知り合いの柔道高段者に全日本柔道形競技大会はどのような大会なの。聞いたところ参加人数も少なく全国でも10~12組程の参加しかない小さい大会だと仰っていました。全国で、たったの12組ですよ。
こんな小さい大会で準優勝した位で持ち上げすぎではないですか。
横浜市の職員は、オリンピック参加者もいるし、災害派遣で頑張っている職員もいます。そのような職員を褒めるならまだしも、このような自分の趣味の柔道を遣っているだけの職員を褒めるとは。
警備に柔道が必須なのですか。警備の人は全員柔道を遣っているのですか。このI班長は自分が好きで柔道を遣っているだけではないのですか。ならば私の家内がママさんサッカーで全国大会に行くほうが余程ハードルが高いですよ。
市長たるもの、3万人近くの職員を抱えて頑張っているのは解りますが、このような自分の趣味で行っている人を正確に調べもせず褒めるのでは無くて、真に横浜市に貢献している人を例題に上げてください。聞いている職員も呆れているはずです。こんなレベルで話をしてくれるなら俺も、私もと思っていますよ。
私たちの税金を使った大事な定例会で、市民の代表者たる市会議員の前で、話しをする内容ではないですね。私たちの大事な税金で運営している定例会で、くだらない話で時間を潰さないでください。
もっと有意義な事案を検討して頂きたいと思います。
市長に投票した私は少し、がっかりしました。
この発言をした高橋議員も我々は応援していたのですが、がっかりですね。自身が柔道を遣っているからと言って身内びいきですか。辞めて頂きたいですね。議員の応援についても我々は少々、考える事にしましたよ。
市長、議員も共々に猛反省して頂きたいですな。
 

バス停の道路占用仕組みのいい加減

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月 8日(月)11時50分41秒
  横浜市交通局のバス停の占用ルールが、役所のいい加減ルールでねじ曲げられている。
基本バス停は、バス停ポールだけが占用物件と謳われているが、後から都合のいい様に、広告付きバス停の上屋は、ポールだけでなく広告付き上屋全部を占用物件と扱っている、余は二重舌である。
また、バス停の道路占用の更新は許可申請者と許可出す方が面倒の為、何十件もある特定のバス停1箇所他で、更新手続きを行い、地番地の特定がされず、新規のみが道路占用届に、見取り図と配置図を添付されいるが、更新はバス停名だけの更新である。
平成29年1月26日付でのバス停の占用許可書の写し開示請求して、上記のように場所の特定とバス停ポール位置等がはっきりしないため、見取り図と配置図が、一定の期間が過ぎると廃棄されているとの説明が当時あったのに、審査会での回答は、見取り図は個別に開示請求すれば出ると言われているが、開示請求確定日の現場と内容が違っている。
この様な道路占用物件許可ルールである為、今回の西区北軽井沢のバス停が、期初時に申請したときと大きく街の形態と道路形態ガ変わっているのに、道路管理者の担当者は、配置図と見取り図が無いため交通事業者に指導が出来ていなかったのが、原因と思われる。今回の事故は人的(道路管理者と警察)の西不足と思われる。
バス停の占用許可はいい加減である。バスが止まるバス停はほとんどがバス停と道路標示がされ、また、道路がバス車両でたわみが出ないよう特殊舗装が施工されており、バス停がたわめば道路管理者は市民生活上の補修費をバス事業者に回していて、市民生活道路は後回しにされている。今回のバス停占用の開示はちなみに中区・西区・南区・磯子区の土木事務所に開示請求したが、問題可決にいたていないのが実態である。役所のルールは役人の為のルールで市民のルールでない。
 

有能と無能。行政職員の意識はいかに?

 投稿者:名も無き一市民  投稿日:2018年10月 7日(日)21時23分25秒
  横浜市職員も見習った方がいい。

特に管理職ね。

出張とか視察に行くのなら「埼玉県三芳町」に行くべきである。

海外に視察に行っても、報告書の内容が怪しい議員集団。

市の職員にしても出張とか行って何をしてるのか?

何を学んでいるのか?



「転記元」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00010001-binsider-soci&p=1



○若者に読まれる「日本一」の三芳町広報誌。作ったのはスーパー公務員編集者
10/6(土) 8:12配信



東京・池袋から電車で約25分。東京にもっとも近い「町」、埼玉県三芳町。

人口約3万8500人の小さな町に、多くの若者に読まれている自治体広報誌がある。町役場が毎月発行する「広報みよし」だ。

2011年にリニューアルするまでは他の自治体と変わらない平凡な自治体広報誌だったが、リニューアルからわずか4年後の2015年には全国広報コンクールで内閣総理大臣賞を受賞。この年に行われた住民への調査では、20代の8割が町の情報を「広報みよし」で得ていると回答するなど、若者からの反響も大きい。

通常、自治体が発行する広報誌は固い内容が多く、その内容は若者に伝わり難いが、なぜ「広報みよし」は若い世代で読まれているのか?ほぼ一人で「広報みよし」を作り上げてきた三芳町秘書広報室の佐久間智之さん(41)に話を聞いた。
捨てられている広報誌「税金の無駄だな」

定期的に自宅に届く自治体の広報誌。中身を読まずに、ゴミ箱に捨てている人も多いだろう。

健康増進課に所属していた佐久間さんが広報誌作りに関わるようになったのも、広報誌がゴミ箱に捨てられているのを見たのがきっかけだった。

「マンションのポスト脇のゴミ箱に広報誌が捨てられているのを見て、『税金の無駄だな』と思ったんです。読まれていないということは町の情報も伝えられていない。これをどうにかしたいと考えました」(佐久間さん)

その後、庁内で広報担当の公募があり、手を挙げた。

広報誌作りは未経験だったが、制作費が税金から出ていることを考えて、それまで外部に委託していたデザインやレイアウトをやめ、自分で全て制作することにした。写真撮影からデザインまで独学で学んだ。

リニューアルにあたり意識したのは、より幅広い層に読んでもらえるように、直感的に「面白そう」と感じる写真やレイアウトに変えること。

「若い人にも読んでもらえるように、タイトルをひらがなの『みよし』からローマ字に変え、写真を大きく掲載したところ、町民からは『外国かぶれ』、庁内からは『もっと文字をたくさん入れろ』という批判もありました。わかりやすく伝える工夫をし続けていった結果、少しずつ理解していただけるようになりました」(佐久間さん)

結果的には役所内部で制作することでコストが半減した一方で、読みやすさが評判となり、広告収入は1.5倍に、財政面でも貢献した。

三芳町は県内でも数少ない地方交付税をもらっていない自治体の一つだが、財政に余裕はなく、「1円でも収入源を自分たちでつくっていく」と佐久間さんは意気込む。
表紙は住民、「アイドル」として子どもも

大きく変えたのはデザインやレイアウトだけではない。

「住民が主役の広報誌」を意識し、単なる「町のお知らせ」ではなく、住民が読みたいと思うような特集を毎月組んでいる。その企画や取材もほぼ佐久間さん一人が担当している。

今まで認知症や障害者差別解消法、食育などさまざまなテーマを特集として扱ってきたが、その反響は大きく、町内で蛍が見られるスポットを特集したら、例年700人ほどだったイベントに約1300人も訪れるようになったという。

表紙の写真も「主役」である住民を積極的に載せ、「読者と目が合うように」正面からの写真にこだわっている。

「毎月最後のページに『MIYOSHIのアイドル』として小学校入学前の子どもの写真を載せていて、最初は足りないから職員の子どもの写真を載せていたんですが、今では載せきれないほどたくさん応募が来ます」(佐久間さん)

住民も自分が載ったら親戚に配ったり、知り合いが載るのを楽しみにしている人も多いという。
AR、動画も活用「広報はラブレター」

より多くの若者に読んでもらうために、紙だけではなく、ウェブはもちろん、多言語アプリ、町のFacebookやTwitterのアカウント、AR(拡張現実)、動画も活用し、さまざまな形で読めるようにしている。メディア・ユニバーサルデザインの資格を取得し、お年寄りから子ども、外国人にも配慮したデザインを心がけている。

三芳町の広報大使には、埼玉県出身で「ハロー!プロジェクト」のグループ「Juice=Juice」の金澤朋子さんが任命されている。町役場には、金澤さんが表紙になっている号の「広報みよし」をもらうために、町外からもファンの若者たちが訪れる。

2015年に「日本一」の自治体広報誌になって以降、他の自治体から多くの講演依頼が来るようになった。2018年5月には『パッと伝わる!公務員のデザイン術』を出版。 「結論を早く伝え、自分事と気付いてもらう」「文章ではなく箇条書きにする」など、具体的なノウハウがまとめられている。

しかし、もっとも重要なのは、職員自身が町のことを好きになることだと佐久間さんは語る。

「自分の勤める自治体のことにあまり関心がない職員は意外と多いですが、町のことが好きになれば、多くの人にその良さを伝えたくなる。どんな地域にもダイヤの原石のような魅力があります。広報誌はすべての人に情報(想い)を伝えるラブレターだと思っています」

(文、写真・室橋祐貴)
-----------------------
世田谷区の対応の早さは評価できる。
ネットで炎上したからだろうが、横浜市の教育局長の問題など、炎上しても、意に介さない。
岡田元教育局長のおかげで、横浜市は、虐めをしても問題にならないと悪評判が広がった。
横浜の評価を貶めた責任は、他の部局局長にスライドて凄いよね。
いじめ問題に対して、追求もしない議員が多い。
本当に横浜市の議員は、無能な人間が多いていうか、二世とか政党の指示でしか動けないダメダメ人間が多いからね。

------------
「世田谷区」

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/15613/15615/15616/d00162208.html



○まんがワークショップに関するトラブルについて

1.経過

平成30年6月、世田谷区と姉妹都市の関係にあるオーストラリアのバンバリー市から小学生親善訪問団の来日(9月25日~10月5日)に際して、子どもたちのための「まんがワークショップ」を開催したいので、手配をしてほしいとの依頼が世田谷区に対してありました。

10月1日(月曜日)に「まんがワークショップ」は開催されましたが、当日、会場手配に関する区の連絡ミスにより実際には使用しなかった会場側から区に対しキャンセル料の請求の連絡がありました。この際、対応した区職員の誤解により「まんがワークショップ」の講師に対して、講師謝礼から会場キャンセル料を差し引く旨を伝えるという事態が発生しました。

報告を受けた上司において、事実関係を確認し、講師に会場キャンセル料を負担いただくのは適切ではないと判断し、撤回させていただきました。また、当日、講師には事前に説明をさせていただいていた金額の謝礼がバンバリー市より支払われました。

2.区の対応

・ツイッターに掲載されている内容について事実確認を行い、一部認識の相違はあるものの、概ね同様の趣旨のやり取りがあったことを確認いたしました。

・10月3日に国際課長及び担当係長が講師と面会し、謝罪を行うとともに、会場を手配されていた店舗を訪問し、連絡ミスについてお詫びいたしました。

・会場を押さえていたことに対しては、区として費用を公費負担いたします。

3.今後の対応

今後の事業執行において関係者とやり取りを行う際は、口頭のみではなく、書類による確認を徹底するとともに、区民及び事業者との対応においては、誠実かつ丁寧な対応を行うよう職員を指導してまいります。

世田谷区

※10月4日に公開した本ページの内容において、店舗側にミスがあったようにも受け取れる表現がありました。

 下記のとおりお詫びして訂正させていただきます。



修正前 会場の手配の連絡ミスにより

修正後 会場手配に関する区の連絡ミスにより





姉妹都市交流を続けるオーストラリア・バンバリー市の小学生親善訪問団のプログラムで、漫画家の山本さほさんに御協力をいただいたワークショップの件、管理職に事実確認をしました。ダブルブッキングで生じたキャンセル料を謝礼から差し引く等の発言をしたことがわかり、山本さんや予約をした会場に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

今後、再発防止策を講じ職員への指導徹底に努めてまいります。

世田谷区長 保坂 展人
------------------------------
区長の対応は早かったみたいですね。
しかし、職員の無能ぶりが凄すぎ。
横浜でこのような職員がいたら解雇してもらいたいな。

「横浜市民新聞(仮)」
https://ameblo.jp/yokohama49
 

カジノIR誘致

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月 7日(日)01時47分11秒
  林市長、裏情報ですが、カジノ誘致決定だそうです。
まず、国にも説明してほしいです。
世界最高のカジノ規制はどこにいきました?ゲーミング区域1万5千平米はなんで消しました?
なんで胴元がお金を貸すことができるのでしょう。自国民をカモにする国は日本だけ。世界の笑い者です。
IR取り組み調査。横浜市の市民はずっと反対を表明しています。カジノという市民にとって不安要素があるものに対しては周知徹底、同意が必要です。横浜市はこの件に関して誠実のかけらもありません。都合の悪いことは国も横浜市も無視をするという、市民に対して実に失礼な態度をとるので、横浜市は市民は反対しているとちゃんと書いてください。開き直りされてもこまります。
林市長、いつまで白紙ですか?白紙じゃないでしょう。速やかに記者会見を開いてください。市長はずっとやるかやらないかわかりませんと言ってきました。市民は反対なんです。市民の同意を得なければだめなんです。市長と市議会が了承すればいいなんて、ものすごくずるい。どうするんですか?やりますか?やりませんか?イエスかノーかでお答えください。市長には答える責任があります。
 

監査を要請します

 投稿者:他人  投稿日:2018年10月 6日(土)22時39分24秒
  資源源循環局戸塚事務所は人権やハラスメントについて一筋縄ではいかない問題を抱えています。
監査のような形で太田先生の方から介入していただくような事は難しい事なのでしょうか?

是非とも今後の市政の一端を担う若い人達の為にも御願い申し上げる次第でございます。

具体的なものは、採用されて直ぐの新人に未だ満足に仕事を教えてもらっていない段階で「使えない」などと愚弄したり、監督者でもない輩が病気休養の職員に退職勧告をして辞めさせたり、若い新人に「こんなところで落ち着かず夢を追え」とけしかけ収入の格差も考えさせずに辞めさせたり、他所属から異動してきた者に「新人より使えない」などと言って蔑んでみたり、粗大ごみ持ち出し収集の際に市民の見ている面前で同僚を殴打したりなどと、地方公共団体の一出先機関とは思えない、まるで反社会的勢力の息がかかっているのではと思うほどの荒廃ぶりです。 技能職員とはいえ、これが果たして公務員の職場環境と言えるのでしょうか?

事務所監督者三役においても改善には動こうとはせず、局職員課においても事務所内で秩序びん乱の如く発狂した職員の為に煩わされたメンタル症状を抱えた新人からの直談判に対して御門違いだなどと門前払いをした経緯があります。

一公共団体の出先機関がハラスメントに対する改善も満足にできない様子を世間に晒しておいて、そのうえで民間企業にたいしての職場環境の是正勧告などが出来ようはずもないとは思いませんか?
 

監査介入願います

 投稿者:t他人  投稿日:2018年10月 6日(土)22時21分27秒
  資源源循環局戸塚事務所は人権やハラスメントについて一筋縄ではいかない問題を抱えています。  監査のような形で太田先生の方から介入していただくような事は難しい事なのでしょうか?

是非とも今後の市政の一端を担っていく若い人達の職場環境構築の為にも御願い申し上げる次第でございます。

具体的な問題につきましては、採用されて直ぐの新人に未だ満足に仕事を教えてもらっていない段階で「使えない」などと愚弄したり、監督者でもない輩が病気休養の職員に退職勧告をして辞めさせたり、若い新人に「こんなところで落ち着かず夢を追え」とけしかけ収入の格差も考えさせずに辞めさせたり、他所属から異動してきた者に「新人より使えない」などと言って蔑んでみたり、粗大ごみ持ち出し収集の際に市民の見ている面前で同僚を殴打したりなどと、地方公共団体の一出先機関とは思えない、まるで反社会的勢力の息がかかっているのではと思うほどの荒廃ぶりです。抜粋で挙げたものだけでもこのようなものです。技能職員とはいえ、これが果たして公務員の職場環境と言えるのでしょうか?

事務所監督者三役においても改善には動こうとはせず、局職員課も事務所内で秩序紊乱の如く発狂した職員の為に煩わされたメンタル症状を抱えた新人からの直談判に対して、御門違いだなどと言って門前払いをした経緯があります。  所属労働組合は問題外です。元組合幹部経験者が当該加害者です。

一公共団体の出先機関が、ハラスメントに対する改善も満足にできない様子を世間に晒して、そのうえで民間企業にたいして職場環境の是正勧告などを指導する資格が、はたしてあるものなのかと疑問に思いませんか?
 

共産党議員にもっときっちり調べてもらいたい

 投稿者:暇人  投稿日:2018年10月 6日(土)16時29分45秒
  横浜市土地開発公社からの買い取りですか。

元々横浜市の土地ですね。簿価割れの日産関係の用地売却、その他で累積赤字を差額分ぐらい持っていたはずです。

MM21の用地売却で被った損害を親元である横浜市が税金で穴埋めをした気もしますね。


 

立て割れ行政の仕組改善要望

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月 6日(土)09時17分14秒
  横浜市は、立て割れで行政で、尊い児童の生命が失っても全く改善が進まず、困っています。
北軽井沢のバス停設置位置の問題が出て、バス運行の交通局が設置時期と後の都市開発での街の形態と道路事情が変化しても改革がされずじまいである、特に交通局自動車本部は、運輸課と路線課と営業課と観光課がバラバラでのバス停の改革がされず、また、道路管理者と協議もされずじまいである。
今度、中区日本大通りが、毎週日曜日に歩行者天国にして、車両通行止めにして、ほぼ、毎週等が行われて、10月7日と10月14日に赤いくつ号のバスが、日本大通りバス停が運休するが、この様に、バス停環境が変わっても交通局は、毎回、乗客に張り紙でバス停の運休知らせをしている。
なぜ、日本大通りバス停の運営を交通局内部(特に本庁)が、協議(基本・観光課が主体で路線課と運輸課と営業課)でバス停の位置変更も含めて協議されずに、歩行者天国決めたのが解らないし、日々張り紙を行っている現場営業所は、業務が増やされているだけである。
この様な、曖昧な交通局は廃止して民鉄に全面移行した方が市民も割り切れると思われる。
また、地下鉄も期初の予定の関内駅からJR根岸駅までの延伸計画の運転免許を取り下げて、何故、違う川崎市の新百合ヶ丘に接続計画を行うのがおかしい。
 

いい加減な行政発注工事(MM地区)

 投稿者:市民  投稿日:2018年10月 6日(土)08時29分44秒
  10月6日早朝、みなとみらい地区の公共工事で、いい加減とも取れる、歩道橋工事が行われているが、文化観光局発注のPFI工事現場の向かえ側の歩道上で、都市整備局みなとみらい21推進課発注の港湾局監督が行っている工事現場で、歩道上を大きく屈曲して規制を懸けているが、現場の安全対策が全くなく、暗がりにであるのに、明かりが無く危険である。工事業者は昨年度まで横浜建設協会の会長を行っていた会社である。
また、この会社は、新市庁舎にジョイントする歩道橋工事(道路局建設課発注・中土木事務所監督)も行っているが、またく現場の地域性も理解せず、安全対策が多く失われている。
桜木町人道橋では、地下埋設物である電気線を地上の人が触れらる場所に設置したり、工事現場内に喫煙ボックスを人目に晒したり、騒音・振動計を設置しても夜間工事中に作動させずに作業を行っていたり、火気の危険物(溶接ボンベ?)が有っても消火器が設置されている様子も無い。この様に今の行政は管理の力が無い。
前座の現場は、企画だけの都市整備局が歩道局を設造しても、設置後の保全は全く考えず、単に所轄の土木事務所(道路局)に管理運営を丸投げすだけである。
また、みなとみらい地区の国際展示場の増築工事をPFIで文化観光局MICEが行っているが、現場では隣接した国際展示場敷地内の樹木に歩道との境にバリケートが設置されてあるが、転倒防止に樹木にロープを巻き付けてあるが、近年自然災害で樹木が多く倒壊しているのに、国際展示場の所管である文化観光局は認識をされているのでしょうか?。
今週の議会でも太田先生が答弁している様に、議会運営を取りまとめされいる与党の自民党がしっかりとした市役所を動かされていない。
 

簿価350憶で買った土地を165億で売る

 投稿者:おかしいです  投稿日:2018年10月 5日(金)22時04分43秒
  MM21地区のおかしな土地の転売の話ですが
9月11日の議案関連質疑で共産党みわ議員の質問から書きました。
土地開発公社の解散にあたり簿価約350憶で買った土地を約165億で売る予定。
60、61地区ですが、住所はみなとみらい6丁目2-1あたり。新高島駅の北側。
土地売買はまだ締結はしていません。事業予定者はケンコーポレーション。事業内容は音楽専用アリーナ、ホテル、展示施設等、賃貸オフィス。事業者が決まったのが昨年11月。みなとみらい21地区の市有地へ進出を予定する事業には税の軽減、助成金等による支援制度あり。太田先生がこの支援制度、なぜ市がここまでしなくてはいけないのか(市民の税金を使って)と問題にしましたが、「横浜市は東京都に比べ会社が少ない。お金を出してでも誘致しないと」
これはIRですか?林市長はよくマイス、マイスと言っていますが、マイスとはなに?私は全くしりません。MICE。会議、旅行、国際会議、展示会をあわせたもの。ビジネスによって人を呼び込む。税金を使って箱物を作っているだけ、ゼネコンとの癒着。市民はわかっています。やめてください。待機児童ゼロで有名になったのに、実は裏では税金を使って利権あさりをやっている。あまりの汚さに吐き気がしてきます。
間違っているところがあれば訂正をお願いします。
 

/236